2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー「バンド」の記事

2008-06-22

#533 カラカラ祭り終了

はい、今年2回目のライブとなりました、えーっと、なんやったっけ、長いタイトル。「なんとかかんとかカラカラ祭り」が終了いたしました。

今回の演奏はいつもと勝手違ってたんで、ちょっと、なんちゅうか…。

軽食付きだし、KFA以外は特定バンド(TENSAW、カルメンマキ&OZ、スペクトラム)のコピーだし、持ち時間30分てのも久しぶりだし、初めてのハコだし。

で、全体としては、まぁ、盛り上がったんじゃないでしょうかね。自分の演奏はかなり厳しかったんやけど…。

リハの時点で、ギターアンプのセッティング位置が自分のすぐ左に(客席ではなく)自分に向けて置いてあって。つまり、生音が自分を直撃するわけです。なので、ボリュームちょい下げでリハやってたら、もうちょっと上げてくれとエンジニアに言われ。

初めてよ、PAの人にギター音量上げろって言われたの。

で、まぁ、上げたんやけど、今度は自分の音が大きすぎてほかの音が聞こえないのよ。特に歌。なので、モニターにけっこう返してもらったんですが…。

本番では歌が全く聞こえませんでした。自分の声もまきちゃんの声も。外にはどんなふうに聞こえてるんだろう?と不安を感じながらの演奏でありました。

さらに、1曲目で機材トラブル。

って言うか、ウチらの前に出たバンドの際にギターアンプがおかしくなってヘッド交換してたんですよ。その時点でイヤな予感がちょっとあったんですが、交換したのはマーシャルのヘッドで、アタシはJC使うから関係ないと思ってたんですね。

そしたら、1曲目の途中でいきなり音が出ない。その場で演奏中断ですよ。

どうやらエフェクターの電源(AC)系の問題だったようですが、リハでは全く問題なかったし、その後もヒヤヒヤしたものの再現せず、あれはいったい何だったんだろう? 単に接触不良? いやー、どうなんだろう…。

その後、なぜかアンプからの出音がずいぶんと小さくなってしまって、ステージ中にみんちやんから「ギター、小さいよ」との指摘。そうねとばかりにボリューム上げていったら、ほんとに自分のギターの音しか聞こえなくなってしまった。

他にも、まきちゃんのボーカルが外に出てないとか、モニターの返しがやっぱり全然聞こえないとか、どうもPAさんに対しては不信感が…。リハのときの対応はいい感じだったと思ったんやけどなぁ。

自分で回してたMDレコーダーが回ってなくて、KFAの演奏はまだ自分で確かめられていないんだけど、お客さんの反応はそれほど悪くないみたいなので、まぁいいかって感じですが。

他の演奏者では、最初に出た主催者のバンド「銭湯」が良かったなぁ。初々しいと言うかね。楽しそうだし。これ重要。

今回はライブなんだかオフ会なんだか、ちょっと中途半端な感じが最後まで漂っていて、それゆえにお客様に少々居心地の悪い思いをさせてしまったかなという気もちょっとしてるので、次はもう少しいい環境でいい演奏をお聞かせできればと思っております。

事前にアウェーアウェーと言い続け、MCでもさらに言ってたら、やまのくんに「アウェー言いすぎ」ってたしなめられて反省。

でも、まぁ、こういうアウェーな感じもまた良いなとも思っておりまして。

普段ぜんぜん交わることもないような音楽やプレイヤーのみなさんと、こうして音楽を通じた交流ができて、それが縁でまた世界が広がっていくというのは、エエもんやなと。刺激にもなるし。

って、超絶的人見知りのオレが言っても説得力無いか。

そんな中、ご来場いただいたKFAサポーターのみなさんには本当に勇気づけられた。ありがたい。

さて、次はどうしようかねー。

2008-06-21

#532 さてさていよいよ

はい、そうですね。

ライブでございます。

今回はもうホントにアウェーもいいところで、なんせKFAを見たことがある人、推定5人。

5人ですよ。

さびしいじゃないですか。

料理オーダーの関係だとか、あまりライブに慣れてない出演者がいるだとかで、事前に申し込んでいただいた方のみ入場可という、クローズなライブ。

KFAとしては、先月やったしね、そない続けて見るのもナンやろうし、入場料1,500円かかるし、そういうクローズなライブってことやから、あんまり積極的に営業しなかったんですが。

なんか、今回の出演者のblogをたまたま見つけたんでこっそり読んでたら、「事前登録は人数把握のためだったようだから突然来たくなった人もドンドン来てね」みたいなこと書いてたんやけど。

そうなの? なんだかなぁ…。まぁ、いいけどさ。

とりあえずこっちも再掲しておくから、気が向いたら遊びに来てください。飯田橋。

なんかさぁ、妙に緊張してんねんなー、今回。

なんでかなーって思っててんけど、やっぱりそのアウェー感がね、緊張を呼んでるんやろうなって思うんです。

ここんとこは人前で演奏するときって、いつも非常にホームな感じでやってきてるんでね。お客さんに支えられて。

で、久しぶりに今回みたいな環境で演奏するとなると、なんかね、チカラ入っちゃうと言うか、初めての人に印象残したいじゃないですか。せっかくやる以上は、また見に来てもらいたいし。なんなら「今日見た中でいちばん」になりたいなーなんてね。あ、こういうのが好戦的な態度に結び付くんですけどね。

そんなこんなで、なんだかプレッシャーになってるのかもしれません。

まぁ、そうは言っても、もう今日の今日なわけで、いまさらジタバタすることもありませんのでね。

オレは、オレがやるべきことを、やるだけさ。

あとは、とにかく楽しくやりたいね。

ってことで、そろそろ寝ますわ。

2008-06-15

#530 KFA2008 5回目というか2-1回目というか

6月14日(土)はKFAの練習日でありました。

来週に迫った「土曜日をぶっとばせ!昼間から呼び出してごめんね!!カラカラ祭り2008」 に向けて。ま、1ヶ月前にライブやってるんで、その流れで最終調整って感じで。

今回ライブは時間がやや短めということで、セットリスト決めに難儀しましたな。

当日はKFAの音をご存知無い人が大半ということなので、第一印象はやっぱり大事やからね。何をやればどう受け取ってもらえるのか、初めてのお客さんにどんなKFAを見てもらうのか。

とか、そんなこんなを考えていると、どうにもやりたい曲が時間に収まらん。んー。

とは言え、時間厳守は社会人のエチケット。なんとか収めました。まぁ、違う曲はまた別の機会にってことですな。

曲順もなかなかに難しい。曲調の流れはもちろん考えるけど、セッティングの段取りなんかもあるし。エフェクターの踏み替えやらパーカッションの持ち替えやら。続けてやるのかMC挟むのか。メンバー各位の好み的なものもあったりするし。考え始めると深みにはまる。

そんなこんなで、スタジオでは仮セットから1曲ずつ確認。

アレ? なんかしっくり来ないぞ。ってな曲あり。立ち止まってその曲だけ何度か合わせてみたけど、どうもいまひとつ。

ということで急遽、曲変更。

候補曲をひとしきりバンド内議論。あれにするか、これにするか、はたまた…。いっそ今から新曲仕込みますか。いやいや、さすがにそれは。

スタジオで話し合うのは時間がもったいないという部分もあるんやけど、「これ、ちょっとやってみよう」とかってその場でできるのがいい。

あーじゃこーじゃありましたが、もう、しょうがない、時間もないし、これでいこう!と決め。

曲が決まったと思ったら、アレ?流れがちょっと。ということで曲順について再検討。

これもいろいろ考えつつ、最終決定にこぎつける。

そうこうしてるうちに、おやおやもうこんな時間ですか。とりあえず修正版で2回くらい通し。

うん、まぁ、いいんじゃないでしょうか、時間的にもOKそうやし。問題はMCが喋りすぎないかどうか。ってオレや。うん、まぁ、できるだけ心がけるようにするわ。って、なんかユルイやん。

ってなところで、持ち時間終了。

あとは当日のお楽しみ。

今回、KFAを初めて見る人が、また見たいと思ってくれるとうれしい。

あ、リピーターの皆さまも、もちろん。

まぁね、とにかく、いい演奏ができれば、と思っておりますよ。

個人的にはけっこう緊張感高まってます。

2008-06-02

#525 一週間が経ちまして

そうこうしているうちに、ライブ終了から早くも一週間が経過。

時が過ぎるのは早いね。Time flies like an arrow.

この間に、自分たちの演奏を中心に(笑)ライブの録音音源を聞いたりもし。

オレ的には、今回のライブはけっこう良かったんじゃないかなーと思っております。

いや、ミスは相変わらず多いんですよ、モチロン。なんですけど、なんかね、気持ち的に余裕、とまではいかないまでも、少しゆとりのようなものがあったような気がしてましてね。なんか、ずっと笑っていられたような気がして。ミスも含めてね。

「しまったー!」、「うっわー、なんとかカバーせな、どうしよう…」的ワラワラがね、あんまりなかったような。「まちがっちゃったー、でも、まーいーかー」みたいな。あ、これは適当に手を抜いてるってことではなくて、あくまで「心持ち」として、よ。

なので、演奏を後で聴いても、あんまり「あちゃー…」って思わないんだよねー。なーんでか。

これって、現状肯定なのかなぁ。反省なきところに進歩はないってことなのかなぁ。あ、ライブ見た人がこのエントリを読んで、「おいおい、あんなので満足したみたいなこと言っちゃったりなんかしちゃったりしてー、このー、ツンツン」って思われたらヤだなー。でも、そういうのとはちょっと違うんだよなー。ブツブツ。

このライブの後、お客さんの中に「KFAを見て元気をもらった」とか「最近ちょっと気分がイマイチだったんだけど、KFA見てスカッとした」的な感想を言ってくれたひとがいて。

これ、すごいうれしいね。なんか、「届いた」って感じ。

そうこうしてるうちに、次のライブも迫っておりまして。

客席および対バンのみなさんはKFAをご存知ないお方がほとんどという、そうとうアウェーな状況ですが、かつて地力養成のために敢えてアウェーなライブ出場を意識してた頃を思い出す。あの頃は、我ながらかなり肩に力が入っていたような気がするわ。

とりあえず今は、気負わず力まず手を抜かず、明るく楽しく激しいKFAをお届けできればと思います。

うーん、馬場さんって偉大だったんだなぁ。

2008-05-27

#524 KFA2008 LIVE@JIROKICHI 終了!

というわけで、無事終了いたしました。

KFA、2008年のライブ第一弾、"The J.T.G. Strikes Back!"@高円寺ジロキチ。

告知しはじめたころは、イマイチ薄かった反応なれど、フタを開けてみると何とも盛況。

実にうれしく、実に頼もしい。

個人的には、今回、少しラクな気持ちでステージができたかなと思っておりまして。今までほど入れ込んでないというか。そんな自分の心持ちがまた微妙に新鮮でもありました。

ライブ終了後に聞けた感想もおおむね好評で、さらにうれし。

今回のライブ出演に声をかけてくれたJTGさん、共演できたTO MOTIONさん、ありがとうございました。

そして、何より。

イマイチな天候の中、わざわざお越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

---セットリスト---

01.Opening -Tighten Up- (Archie Bell & The Drells, covered by YMO)
02.Within You Without You (The Beatles)
03.Situation Vacant (The Kinks, covered by Cymbals)

04.Mystery Juice (Sean Lennon)
05.Working For Vacation (Cibo Matto)
06.Grateful When You're Dead (Kula Shaker)

07.Birthday Cake (Cibo Matto)
08.Fun Fun Fun (The Beach Boys)

09.Any Time At All ~ I'll Cry Instead (The Beatles)

2008-05-25

#523 KFA2008 4回目そして…

昨日はライブに向けての、KFA4回目の練習でした。

前日ということで「さらっと確認して終わりー。あとは明日がんばろー」的に終ろうと思っていたのですが。

今回の唯一の新曲が、自分としてどうもしっくりこないというか、これでいいかなぁ?的な感じが拭えなかったので、もう一度考え直してみることに。とは言え、時間はないので、主にビート関係。

テンポやノリを何パターンか変えて演奏してみる。

やってるうちに、「このまま、ここをこうしちゃえば」みたいな思いつきアイデアで、ちょっとブレイクスルー。うむ、なかなか面白いかも。

ということで、そのアイデアを採用することになりました。

って、書いてても、読んでる人は何のことだかさっぱりわからないでしょ? まぁ、そういうもんです。見に来てくれた人はわかる。

アレンジものって、それが面白いのかどうかって、けっこう微妙な部分があって、演ってるほうだけが楽しんじゃってお客さんポカーンみたいなこともありがちだからね。

もちろん、ライブやる以上はお客さんに喜んでもらいたいと思ってますが、まぁね、実際に舞台にかけるまでは「おれたちはこれ面白いと思う」って思ってないとできないわけで。

それが受け入れられるのか、それともブーイングを浴びちゃうのかは、もちろん気に入ってくれるのが一番うれしいんだけど、あんまり気にしすぎてもね、しょうがない。

とりあえず、やってみるだけだね。

ということで、練習全日程を終了いたしました。

これから着替えて出かけます。

お客さん、けっこう来てもらえるようなので、うれしい。一方で緊張も高まる。

ちょっとドキドキしてきた。

ま、頑張るしかないです。

後ほど、JIROKICHIで会いましょう。

2008-05-20

#522 KFA2008 3回目

はい、今回で3回目です。

更新、ちょっと追いついた。よかった。

今回は4時間の長丁場。来週本番だもんね。

引き続き新曲の詰め。テンポと言うかビートと言うか、がなかなか決まらない。探りながらやっております。

が、まぁ、概ねの方向性は見えたかな。というところで、いったんこれで仮置き。

あとは、その他の曲をさらう。セットリストも決めたので、それに沿って何度かランスルー。

悪くないです。

でもねー、4時間は長いね。っつうか、もたない。3時間半を少し過ぎたあたりでお開き。まぁ、もっと詰めなきゃいけないことがたくさんあればやるんだろうけどね。繰り返しモードに入ってきてるからかね。

ここに来てライブのご来場者が急増中。いや、急増ってほどたくさんではないですけど。「行けます」、「行けることになりました」的ご連絡をね、いただいてるわけですよ。

ありがたいことです。

忙しい中、時間とお金というコストを払って我々のパフォーマンスを見に来てくれる人。

本当にありがたい。

そんな人たちに「面白かった」、「楽しかった」と少しでも思ってもらえるようなショーにしたい、と思っております。

おっと、KFAって 「上から目線」じゃなかったっけ?

あー、そうそう、そうでした。

「ありがたくオレ様たちのパフォーマンスを拝見しやがれ!」

(笑)

ウソウソ。

感じ悪かった?

すいません。m(__)m←顔文字

2008-05-18

#521 KFA2008 2回目

で、この話。

前回の練習が4月の頭でしたが、前のエントリでも書いたんだけど、ちょっと間が空いてしまいまして、10日(土)に2回目の練習を行いました。

今回はやまのくんが仕事ということで、予定時間を大幅に短縮しての練習。短時間で集中して。

やまのくんが来るまで、残りの3人で、みんちやんが拾ってきてくれた新曲のコーラスを確認。

いやー、何とも難しいではありませんか。私のパートはけっこう音が飛んでて取りづらい。うむー、これは練習あるのみですか。

そうこうしてるうちにやまのくんも合流して約1時間30分、主に新曲を詰めました。

まだまだ粗いんだけど、まぁ、もうちょっと追いこんだら…ってところか。

あとはほかの曲をちょっと合わせてみて、はい、時間です。

練習はあと2回。

いま、これを書いてるまさに今日この後と、来週の本番前日。

お、ってことは本番まであと1週間じゃないですか。早ッ!

でもまぁ、オレ自身はあんまり焦りもなくて。頑張ってやるしかないし、やろうと。

実は思ったよりたくさんの人が来てくれるようで、今回のライブ、アタシは楽しみにしてますよ。

何度も言って申し訳ないですが、事前にご連絡をいただければ無料招待ですよ。とりあえず行くって言うだけでもいいので、まだ観戦宣言されてない方々のご連絡をお待ちしております。メールでもいいし、このブログにコメントつけてくれてもオッケーさ。

あー、でも、来月もあるんだよなぁ

こっちはあんまり来てくれる人がいなさそうな雰囲気なので、ちとアウェイ&ソー・ロンリー。なんだそれ。

まぁね、ライブ付きの飲み会みたいなもんだから、知らない人にはハードル高いかもしれんけどなぁ。

でもまぁ、とりあえず軽く喉湿らせにでも来てくださいよ。

ってことだ。

なんかさー、超久しぶりの更新の割には、極めて内容が薄いような気がするぞ。これでいいのか?

これでいいのだ。

ってくらいのユルさでひとつ。

2008-04-07

#519 KFA2008 1回目

ということで、前の記事でも告知しましたとおりライブが決まったので、先週の土曜日に練習再開いたしました。

旧曲を思い出しつつ手応えを確かめるという感じ。

アタシとしては、昨年のSgt. Pepper's Music Fest以来、約半年ぶりにギターを弾きました。ので、左手の指先が大変痛うございました。アカンやん。

ざっとやって、まぁ、こんな感じ?って感じで。

あんまり時間がない中で2回のライブなので、セットリストをイメージしながら、今後仕上げていく曲とボツにする曲の色分けをやりました。

個人的には、今回は旧レパ中心のセットリストになるかなぁ、と、何となく考えてはいたんですが、練習の中で新曲の話も出たりして。ちょっとやってみてできそうならやります。今後の仕上がり次第。まぁ、あんまり期待しないで。

ところが、次回はスケジュールの都合でGW明けの予定、しかも予定は未定。

そんなこんなも踏まえたうえで、ライブ頑張りたいなと思っておりますよ。

#518 KFA2008 LIVE決定!

いやはや、そうとうお久しぶりの更新でございます。

ほぼ3ヶ月放ったらかし。

我ながら、よくここまで放ったらかしておいたもんだと、感心すらしてしまいます。

前回の記事でちらっと触れておりましたが、1月から仕事が全く変わってしまって、やれ引継ぎだやれ出張だやれ報告書だと、いろいろワタワタしておりましたのでありますよ。

そんな中。

若干唐突ではありますが、KFAのライブ出演が決まりました。しかも、2か月連続。やるね。


※その壱

2008年5月25日(日)

"The J.T.G. Strikes Back!~JTG復活祭~"@高円寺JIROKICHI
13:05開場 13:20開演
チャージ:1,000円(別途ドリンク代)

出演:
13:20~ TO MOTION
14:10~ KFA
15:00~ JTG

こちらは、以前ライブでご一緒させていただいた"JTG"が、この度復活ライブを開催ということで「ご一緒にどうですか?」とお誘いいただきました。

"JTG"は全曲オリジナルで、「ハードドライビング・プログレ・ギターインスト」って感じ。もうひとつの対バン"TO MOTION"は相川七瀬のコピーを中心にJ-POP系の曲をやられてるバンドのようです。

入場料1,000円ではありますが、KFAファンのあなた(笑 いや、笑っちゃいかんか)には、例によってご招待アリでございます。メンバー誰かに声をかけてくだされば入場無料! ドリンクは別途頼んでね。


※その弐

2008年6月21日(土)

"土曜日をぶっとばせ!昼間から呼び出してごめんね!!カラカラ祭り2008"@飯田橋Space With
11:30開場 11:50開演
会費:1,500円(軽食+1ドリンク付き)

出演:
11:50~ 銭湯(TENSAWコピーバンド)
12:30~ 月海(TupAtui)(カルメンマキ&OZコピーバンド ←じゃないとのこと。失礼しました to shigeさん)
13:10~ Strong Style(TENSAWコピーバンド)
13:50~ KFA
14:30~ ReSPECT(Spectrumコピーバンド)

こちらはMixiでお知り合いになったTENSAWファンのみなさんが「せっかくだから一緒に演奏やったら楽しいんじゃない?」ということで企画されたもので、ライブライブした感じ(ってどんな感じかわからんが)よりももう少しユルめで、各バンドが集まって、知り合いも呼んでみんなで楽しみましょう的な雰囲気のようです。

KFA以外はコピバンのようですが、TENSAW、カルメンマキ&OZ、スペクトラムと、なかなか他で見られないタイプのバンドじゃないですかね。これが一堂に会するというのはなかなかお買い得かもしれませんな。

残念ながら、こっちはご招待はできませんが、まぁ、飲み会に来る感じで来ていただければと。参加希望者は事前にワタクシまでご一報くだされ。

ってなところで、動き始めております。

たくさんの方のご来場をお待ちしております。