2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2008-12-22

#556 M-1グランプリ2008

最初にお断りしておきますが、このエントリーはお笑い好きのアタシがシロートの視聴者目線、かつかなりの「上から目線」で書いております。不快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そこはそれ、大きな心で見ていただければと…。

優勝はNON STYLE。うん、まぁ、順当な感じ。

どのコンビも、基本的には持ち時間である4分間でボケを次から次へと繰り出し、逐一ツッコみながらたたみかけるように笑いを取り、一気にラストまで駆け上がっていくというスタイルだったように思います。

以前に前年覇者のサンドウィッチマンが「M-1にはM-1向けの漫才がある」と言っているのを読んだのですが、それってこういうことかなと感じました。昨今のショートネタ中心でスピード感重視みたいになっているテレビでのお笑いと、漫才という二人の話術で笑わせるスタイルの融合点がここにあるような気がします。

決勝の3組は、どれもがたたみかけるスタイルだったと思いますが、その中ではNON STYLEがひとつひとつのボケにパンチがあって、それがスピードに乗ってガンガン来る感じがあったので、そこが評価されたんではないでしょうか。

ナイツは、上手いんやけど、やっぱり少し古い感じがすんねんなぁ。老練と言うかね。あれはあれで好きなんやけど、M-1という舞台だと少し違うかな。

オードリーは、うーん、オレ的にはオードリー優勝なんですがね。あの、すれ違ってるようでキッチリ計算されたスタイルが好きなもんで。NON STYLEと比べると変化球という感じがするので、それがダメだったんでしょうか。

その他のコンビについて。

ダイアンは去年よりぜんぜん面白かった。ただ、あのマイペース風のボケとテンション高いツッコミの妙は、もっとジワッと面白い感じで、M-1向きではないような気もします。

笑い飯の前半の闘牛士ネタが新鮮で面白かったんやけど、後半に西田が闘牛させてもらえないフリが放ったらかしになったのがもったいないような。

モンスターエンジンは、「神々の遊び」以外の普通のネタを見たの2回目やけど、なんか普通。いや、普通に面白かったんやけどね。エイリアンと握手とか好き。ただ、ちょっとテンションが違うと言うか。M-1じゃなければもっと笑えたかも。

U字工事、結構好きなんですが、あんまりローカルネタやられてもなぁ。次が続かない感じがする。

ザ・パンチも普通と言うか、いつもどおりと言うか。緊張してたらしいですが、もっと迫力がほしかったなと。

キングコングのハイスパート漫才は、イマドキな感じではあるけどボケのひとつひとつがパワー不足。サーっと流れて行く感じ。個人的にはあまり好きなコンビじゃない。

ってな感じです。

なんかね、シロートがえらそうでしょ?

それはホントにすいません。

決勝に残った3組はそれぞれ事務所が別。ナイツはマセキ芸能社、NON STYLEはよしもと東京、オードリーはケイダッシュステージ。

NON STYLEの優勝は特に問題無いところだと思いますが、やっぱり「よしもとパワー」的なことが言われるんでしょうかね。

ヤな感じ。

オレね、漫才好きなんですよ。

なので、あれだけガッツリ漫才が見られるのはとてもうれしいわけです。いつものバラエティ番組での姿ではなく、漫才師としての姿が、ね。

そんなオレとしては、M-1にロマンチックなものを感じてたりするので、事前の煽りだけで泣きそうな感じになったりしてしまうんですが、それっておかしいですか?

2008-10-08

#547 キングオブコント2008

えっとね。

個人的にはバナナマンLOVEなんで、大変残念ではあります。バッファロー吾郎のネタもあまり面白いとは思えませんでした。ロバートも非常に面白かったので、Bブロックの最終決戦進出は見どころでもありました。

でもまぁ、それはいいです。

見ていて、あの最後の投票方法については確かにキツイなと思いました。

「そら、吉本の後輩はバナナマンとは言わんやろ。しかもフリップに書いてるのにわざわざ口頭でも言わせるのは酷というもの。無記名でええやん」と、アタシも思った。

案の定、世間ではえらい荒れてるところもあるようです。八百長だの出来レースだの。

で、ちょっと時間が経って、その間ずっとうっすらと考えてたんやけど。

バッファロー吾郎の優勝をあーだこーだ言ってる人は、要するにバッファロー吾郎が面白いと思えなかった人なんだと思うのよ。あんなにオモロないのになんで優勝やねん、そんなん吉本パワーやん、みたいな。

でも、それはその人の感覚であって、テレビでバッファロー吾郎に投票したTKO、ロバート、天竺鼠、チョコレートプラネットは本当にバッファロー吾郎を「面白い、凄い」と思って投票したのかもしれへんやん。自分が本当に面白いと思ったものを面白いと言ったのかもしれん。

だとしたら、それが自分の感覚と違うからといって、八百長呼ばわりはないんちゃうかと。なんかそれってすごいゴーマンな感じがするのよ。

本当のところはわからんよ。実は「ここは先輩立てとかんとまずいやろ」と思ったんかもしれん。でも、最初から決めつけるのは、ちょっと違うなと思うわけさ。

でね。

あの、芸人が芸人を審査するというアイデアは、当日の司会でもあった松ちゃんのアイデアなんやてね。当初C-1グランプリと発表されてた大会タイトルをキングオブコントに変えたのも、M-1やR-1とは違うものにしたいという彼の意向だそうで。

そこで思ったんやけど、あの公衆の面前で大先輩芸人に対して、情やらシガラミやらを超えて、本当に面白いのはどっちかを宣言させる審査方法は、審査する側に対しても、「お前はホンマにどっちがおもろかったかを、真摯に真面目に考えて、ここで言え」というメッセージなんかなと。

ちょっとでもシガラミに流されて「先輩やから」的な選択をしてしまうと、視聴者には出来レースに見えてしまう。それでもなお胸を張って「こっちが面白いと思います」と言えるようにならんとアカンのちゃうかと。芸人たるもの、そういう笑いに対するピュアな気持ちを持っとかなアカンと。

「若手芸人は誰しも松本さんほど(ハートも立場も)強くないです」という意見もありましょうが、そこをあえて強くなろう、そういう松ちゃんなりのお笑いLOVEな気持ちの現れなのかなと思った次第でございます。

あるいは、そもそも「芸人が面白がる芸人が一番面白いのか? 芸のターゲットはあくまで一般ピーポーなのだから、いわば芸人’s 芸人を選ぶような視点自体がすでにズレているのでは?」という意見もあると思います。

それはまぁ、アリかなと思いますが、そこはそもそもの大会の開催趣旨が何なんだ?ってことですわね。そこを明確にすればいいだけの話。

今回の失敗は、なぜこういう審査方法にしたのかという説明が、我々には届かなかったということでしょう。ひょっとすると「そんなん素人に説明する必要はない」と思われたのかもしれません。審査する側もされる側も、元は同じ出場者、芸人同士はそこは分かり合ってるのだと。

アタシとしては、物議を醸した審査方法を来年どう持ってくるのか、そこでどんなコントが見られるのか、非常に楽しみにしています。

あー、もう…。

思うところはあるのだけれど、それをうまく文章にすることができん。自分でも非常に雑なエントリだと感じます。けど、誰かに聞いてほしくて書きました。

反論は歓迎ですが、打たれ弱いので、友好的にソフトめでお願いします。(笑)

2008-09-02

#536 Go to DMC!!!

日曜日は、久しぶりに映画館へ。

"デトロイト・メタル・シティ"を拝見いたしました。

クラウザーさんが町の中に居るというのが、それだけで「絵」として可笑しい。

前々からオレが感じてる「音楽映画における演奏シーンのリアリティ」については「皆無」でしたが、まぁ、こういう映画だし、それをとやかく言うのはヤボってもんかなとか。松山ケンイチの特に根岸くんのときの演技は、狙ってるんだろうとは思うけど、ちょっと鼻につくところもあるかなとか。映画のキーワードである「夢」という言葉が、やたら台詞に出てくるのがちょっと安っぽいんちゃう?とか。なんかちょっと「エエ話」になってるのってどうなん?とか。それも含めて脚本ちょっと雑かなー?とか。

ジーン・シモンズにはいくら払ったんやろう?とか。実はナニゲに豪華キャストだよなとか。加藤ローサってけっこうかわいいやんとか。ちょっとしか出なかったけど美波がカッコよかったなとか。松雪泰子がんばってたけど、なんかいっぱいいっぱいな感じが漂ってたとか。大倉孝二がよかったなぁとか。

安っぽいとか思いつつも、社長から実家に送られてきたCDのジャケットに"No Music No Dream"と書いてあったところとか、クラウザーさんがラストに向けて上京するシーンで、ここは笑いを取るところのような顔をして、ファンがその情報を伝える携帯メールの文面に「涙が止まりません」と書いてあったりしたところでは、かなりグッと来てしまったとか。

そんなに優れた映画だとは思えないのだけど、なんか感動してる自分がいたりして。

あとね、これ、たぶん映画館で、大画面と大音量で見たから良かったんじゃないかと。自宅でDVD鑑賞やと「なんかどーでもええ映画やな」と思った可能性大。

ま、クラウザーさんのおかげで全体としては十分楽しめた。

あんまり細かいことは言わないほうが吉。

にしても。

なぜかクラウザーさんはみんなにクラウザー"さん"と呼ばれている。

それって、馬場"さん"みたいなもん?

2008-06-05

#528 ラスト・フレンズ

いきなりですが、今クール、イチオシのドラマ、"ラスト・フレンズ"でございます。

毎週木曜 22:00~ フジテレビ。

といっても、もう8話まで行ってて、あと3話で終わっちゃうんですけどね。You Tubeで検索すると、たぶんいままでのヤツは全部見られるんじゃないかな。

脚本に飛躍があるなーとか、主人公たちが抱える問題(DV、性同一性障害、セックス恐怖症などなど)の扱いがちょっと雑かなーとか、思わないでもないが、でも、ハマっております。

特に上野樹里が良い。「のだめ」とは全く違う役柄。良い。相当良い。

瑛太も良い。「アンフェア」の連ドラシリーズのときにかなり良いと思ったけど、今回はそれに匹敵するね。

毎週かなり楽しみにしております。

CHANGE」とか見る気しないんだもーん。ふかっちゃん出てるけどさ。

2007-07-27

#501 聖者の行進

1998年にTBSで放送されたドラマ「聖者の行進」。野島伸司脚本、いしだ壱成主演。

レンタルで見ました。

もう泣けて泣けて。

最終回がちょっと腰砕けになっちゃった感じがありましたが。

もう泣けて泣けて。

出演者みんな良いんだよ。いしだ壱成と広末涼子と松本恵(現・莉緒)と安藤政信が良い。デビット伊東なんか当時辛かっただろうなぁ。

もう泣けて泣けて。

もうね、ホントに泣けて泣けて。

2007-05-30

#496 原マスミ

原マスミという人がいる。シンガー、ソングライター、声優、イラストレイターなど、多方面にわたって活躍してるアーティストらしい。

でもまぁ、そんなことはどうでもいい。なぜなら、私が後付で知った知識だから。

今から25年くらい前に「ピンクのカーテン」(主演:美保純、監督:上垣保朗、原作:ジョージ秋山。R-18なので注意)という映画があった。25年前の私がR-18映画を映画館に見に行ってていいのかって話は置いといて。

血のつながらない兄の元に転がり込んでくる妹、二人の危うい関係を切なくも温かい視点で描いた作品だった。と思う。その後見てないので、こういう記憶は得てして美化されているから今見るとなーんだってなことになる可能性は大きいが。

これの主題歌がとても耳に残るものだった。中性的で細い声、いななくようなギター、妙に腹にずんずんくるリズムが奇妙な感じで胸をかきたてた。

ラストシーン。ベッドの上に妹、畳の上に兄が寝ていて、何かを求めるように伸ばした妹の手がアップに、そこに左から兄の手が伸びてきてそっと握り合う。そこから静かにゆっくりとカメラが引き始め音楽が重なってくる。やたら長いエンディングだったが、私は半泣きになった。曲と画が良い感じでブレンドしてる思った。

映画のクレジットを確認して原マスミという人が歌ってることを知った。慌てて当時通ってたレコード屋の兄ちゃんに探してもらい、数日後、「イマジネイション通信」というアルバムを手に入れた。原マスミのファーストアルバムだ。

はまった。

原マスミは男だった。映画の主題歌は「ズットじっと」、エンディングは「仕度」という曲だった。

他の曲もいい。ファンタジーなんだけどどこかグロテスクな詩の世界、ポップなんだけどどこかが常に破調しているサウンドが上手く絡み合っていて、とても気に入って繰り返し聴いた。

その後、私はなぜか追いかけることをしなかった。

時折思い出して「聴きたいなぁ」と思うことはあっても、LPは実家だし、新たに手に入れようと思ってもとっくに廃盤だし、ヤフオクにたまに出てるのを見かけてもやたら高い値段で取引されてたりで、そのままになっていた。

それが、最近ついに再発された(上記のアルバムへのリンクは復刻版です)。私が聴いたことのない、2枚目、3枚目のアルバムと同時に3枚同時リリースだそうだ。

25年ぶりに聴いた「イマジネイション通信」はやはり良かった。後の2枚はまだ聴けていないけれど、これも楽しみ。

今回、新たにライナーノーツが書き下ろされていて1枚目はBANANA-UG。アルバム全曲のアレンジを担当していたそうだ。もちろんKb奏者としても参加。参加メンバーを見るとWhachoがいた。2枚目、3枚目には板倉文がアレンジ、プロデュースを担当してる曲もある。MA*TOも。

TENSAWとウズマキマズウを激しく愛している今思うと、「あー、そうやったんやー」って感じ。いろんな人脈がつながってるんやなぁと、感慨深かったりする。と同時に、どうして当時それに気づかなかったんだろうとも。

2007-01-09

#486 休み中に見た映画

嫌われ松子の一生

中谷美紀主演、中島哲也(下妻物語)監督の映画版のほうね。

一言で言えば「川尻松子という女性の波乱万丈の人生を明るくポップなミュージカル仕立てで描きました」ということになるんでしょうが、もう切なくて切なくて、アタシ的には泣きまくりの映画でした。ミュージカル仕立てになっているのがヘンにウェットになり過ぎず、よけいに切なさが際立ったように感じました。

たぶん、好き嫌いが分かれるタイプの映画だと思います。

メタリカ 真実の瞬間

アタシ、ナニゲにメタリカ好きなんです、実は。

St.Angerのメイキングかと思いきや、解散の危機に瀕したバンドの内情を赤裸々に映し出し、緊張感たっぷりでけっこう感情移入して見てしまいました。最終的にはアルバム完成⇒ツアーと、まぁ、ハッピーエンドになるんですけどね、そこに至るまでには気まずいシーンの連続。

メタリカファンは必見でしょう。メタリカ知らない興味ないという人も面白く見られると思うね。特にバンドやってる人は身につまされる場面もあるんじゃないかな。

お勧め。

2006-07-28

#445 最近気に入ってるテレビ番組

リンカーン

非常に好きな番組なんだが,何が面白いんだか自分でもよくわからない。企画が良いのかな。出演芸人たちの相互作用を感じる。ダウンタウンはやっぱりすごい。肌に合う感じ。

MUSIG

読者から投稿された「似ている言葉」を,佐野元春が「ロックか,ロックじゃないか」判定する「佐野ROCK!」と,ぐっさんと山本耕史がアコギ抱えて即興で作曲セッションをやる「今週の丸投げ」が秀逸。

中井正広のブラック・バラエティ

とにかくゆるい。くだらない。ゆえに非常に和める。中島"ボビー"知子ラブ。

マツケン 今ちゃん オセロのGO!GO!サタ

ゲストによって面白さに波があるのが難点だが,何しろオセロの二人と今田耕司の絡みがすばらしい。オセロの二人は今非常に売れっ子でピンの仕事も多いが,実はオセロとしてのフリートークが最高に面白い。それが時折顔をのぞかせる貴重な番組。

グータンヌーボ

この番組も非常にゆるい。江角マキコのわが道を行き具合がいい。

NANA

そんなに熱心に見ているわけではないのだが,実写版の映画よりも断然おもしろい。アニメだからか実写版にあった嘘臭さが気にならない。原作も大人買いしてしまった。
あ,でもその前に"デスノート"読まないと。あ,"のだめ"の最新刊もまだ読んでない…。

2006-06-20

#440 DEATH NOTE

話題の映画,こないだ見てきました。

あんまり何も考えずに書くので,ちょっとでもネタバレが気になるヒトは読まないでね。
























これぐらい空ければいいか。

まぁ,面白かったです。って,なんか身も蓋もない言い方ですが,ガッカリすることもなく普通に最後まで見られたし。

藤原竜也は夜神月とはちょっとキャラが違うような気もするが,逆に彼しか演じられないんじゃないかという気もする。"L"役の松山ケンイチも雰囲気あるし,香椎由宇,細川茂樹,鹿賀丈史も悪くないし,リュークのCGもけっこう良い。声が中村獅童ってのは驚いたが。ミサミサ役の戸田恵梨香とワタリ役のおひょいさん(藤村俊二)はちょっと微妙かな。

でもまぁ,原作にないキャラや原作とは違うエピソードの展開はあんまり違和感ないと思った。元になってる漫画が非常に作り込まれてるので,ある程度の端折りや短絡はあると思うけど,それもあまり気にならず。

ホントに普通にサスペンスを感じながら見たって感じ。

ならばどうしてこんな風に「普通に見た」って言い続けてるかというと,物語がぜんぜん終わってないから。

今回は前編で11月に後編が公開されるのだが,後編前提とは言え前編が意外なところで終わる。原作を読んでる人なら「えー,ここで終わるの?」って絶対思う。と思う。と同時に後編に期待する。ある意味思う壺。しかし同時に後編に不安がよぎる。このあとちゃんと展開させてキッチリ終わってくれるんだろうな,と。

なんか,お預けを食らっているみたいなんだよなぁ。

2006-03-20

#418 映像系二題

ここんとこギターネタばっかりだったので,今日はちょと目先を変えてみようかね。なんて構えてもしょうがないんですけど。

電車男(映画版)

世間的にはやたら盛り上がってましたが,オレはあんまり興味が持てなかったのでスルーしてきたんですけど,レンタルしてきたんで見てみました。

文句ある人もすごい多いみたいですけど,オレは好きですよ,これ。なんかイイじゃないですか,恋に不器用な男の純愛って感じで。中谷美紀もね,この人は演技上手いし存在感のある女優だと常々思っておるのですが,この映画では妙に浮いてるような不思議な雰囲気があって,なんか好き。ま,基本的に"中谷美紀好き"だからね,オレは。最後の定期券を拾うシーンがね,ちょっとヤだったな。せっかくいい感じで終わったのに,オイオイあれって夢だったの?みたいなさ。水かけられたみたいな感じで悲しいよ。オーラスのテレビ版への繋ぎってのはどうなんだろうねぇ。

世間的には,そのテレビ版の方が評判いいみたいですが,なんか騒々しい印象があって触手が伸びておりません。ま,映画版も触手が伸びてなかったんで,テレビ版も見てみてると良いと思うのかもしれませんが。ただ,伊藤美咲ってあんまりピンとこないんですよねぇ。


(しかしこの上のリンク,なんで服部隆之とか出ちゃうのかね? 間違ってはないけどさ…)

新世紀エヴァンゲリオン

めちゃくちゃハマッテおります。去年が放送10周年とのことでYAHOOでもなんだか祭りをやっておりますが。

オレの場合はパチンコがきっかけでしたね。名前だけは聞いたことがあったけど見たことなくて,たまたまパチンコ屋で見て打ってみたら台としてけっこう面白くて,いろいろキャラクターとか出てくるし,せっかくだから見てみようかと思ってレンタルで見たら,これが大ハマリです。

まだお勉強中なのでいろいろと粋なことは言えないのですが,とりあえずは綾波レイと赤木リツコ萌えです。あと,主題歌が好き。なんか心が掻き立てられますね。自宅のPCの壁紙がネルフのマークになりました。これはちょっとイタイ。

近所のGEOにあるんですが常に貸出し中なので,DVD揃えようか真剣に考え中。でもなぁ,買っても元取れるだけ見るかどうかちょっと不安てのもあって。

って,それ,そんなに好きちゃうやん。


(リンクはとりあえず1巻だけね)