2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2006-02-13

#411 激美味鍋

昨夜,ウチで作った鍋が簡単かつ劇的に美味かったのでご紹介。画像はないのでご勘弁。どっかのサイトで風邪撃退鍋として紹介されていたものです。

主な材料

豚バラ肉の薄切り:適量。しゃぶしゃぶ用の薄すぎるやつより少し厚みがあったほうが美味いと思う。バラは脂が多いからといってロースなんかにしないこと。絶対バラが美味い。にちがいない。
白菜:適量
えのき:適量
春雨(orくずきり):適量
にんにく・しょうが:たくさん。二人分でそれぞれ1個ずつ(ひとかけじゃなく)使った

作り方

下ごしらえ:にんにくとしょうがを薄くスライスしたものを豚バラ肉の間にたっぷり目に挟んで香りを移しておく。

・土鍋にたっぷりお湯を沸かし,沸騰したら塩小さじ軽く1杯とにんにくとしょうがのスライスをそれぞれ一掴み分くらい入れる。
・再び沸いてきたら白菜・えのきを入れて煮る。
・再び沸いてきたら豚バラ肉を挟んであるにんにく・しょうがとともに適量投入。
・さらに再び沸いてきたら灰汁をすくってとる。
・肉に火がとおり,白菜に透明感が出てきたら出来上がり。
・春雨は長時間煮ると溶けてしまうので,様子を見ながら適宜投入してください。
・食べるときには,ウチは大根おろし&ポン酢しょう油+キムチにしましたが,お好みで。
・まず最初にひととおり食べる分をつくり,それを食べきってからさらにもう1セットという感じで行きましょう。
・仕上げは雑炊にしましたが,餅やうどんを入れても可(だと思う)。

にんにく・しょうがのスライスにちょっと手間がかかる(大量にスライスするため)ところですが,これさえクリアすれば後は材料を入れて煮るだけなので超・簡単。出汁をとらなくても豚や白菜から旨味が十分出ます。

にんにく・しょうがは「うそっ?」と思うくらいたくさん入れてください。参考にしたサイトだと入れるものは出来るだけシンプルにと推奨していましたので,上記くらいで。ネギとか青い菜っ葉系とか入れたくなるので,実験してみても良いですけど。

何しろ白菜が豚の旨味を吸って信じられない美味さになります。〆の雑炊は,スープには豚の脂やにんにく・しょうがが溶け込んでいますが,思いのほかあっさりしていてこれも美味い。

寒い日や風邪気味のときにお試しあれ。

2004-10-08

#304 ケンタロウのロッキン・クッキン

というblogがココログ内にありまして。料理家にしてイラストレーター,ケンタロウという人のblogサイト

この人のレシピが,アタシはかなり好きなのだ。ちょっと若向きなのか全体にコッテリ目やねんけど,彼のポリシーらしい,「簡単でおいしくって、洒落っ気があって現実的」っていう,まさにそんなレシピがたくさんあって大変重宝しております。

世の多くのレシピは4人分を基本に作られてると思うのだが,彼のレシピは2人分というのが多い。これがいい。4人分も作らへんし。肉じゃがとかカレーとか,そういうのは敢えて4人分かそれ以上の分量を記載して,「これは多めに作った方が美味い。次の日もうれしい」と紹介してある。こういうスタンスもいい。

彼の母親でもある料理研究家の小林カツ代さんとも共通すると思うのだが,「省けるものは省いて,利用できるものは利用して,簡単にやろうよ。だけどこだわりは忘れない」みたいな考え方を強く感じる。

年に1回,豪快に贅沢にやらかしてしまう「男の料理」も楽しいんだろうが,日々の暮らしはそんなもんじゃない。時間もないし疲れたりもする。かといって外食ばっかりってのもなぁ,とも思う。どうせなら美味しいもん食べたいし,とも。

そんな時に,気楽に作れてけっこう美味しくて,しかもちょっとヘルシーだったりする,そんなレシピがあったら嬉しいじゃないの。

そういう嬉しさがあるんです,彼のレシピには。

ホントはこういうレシピが既に頭の中にインプットされてて,冷蔵庫見て「あ,コレがあるからアレ作ろ」みたいな,あるもんでチャチャッと料理できるとカッコイイんだが,その境地にはなかなか達しない。

根がモノグサかつ不器用なもんで。

2004-05-06

#266 連休の最後に

いま,5月6日のまもなく午前2時30分。あぁ,あと数時間で夜が明け,わたしはお仕事に出かけなくてはなりませぬ。

長いようで短かったゴールデンウィークよ,さようなら。

1日から一応5連休ではあったのですが,3日からこっちは出社こそしなかったものの仕事のメールが舞い込んできたりして,結局なんだかんだと結構仕事をしてしまいました。

まあね,オレよりも働いてる人もたくさんいるわけで,そんなことで文句を言っては罰があたります。この不景気に働けるだけでもありがたいのに,感謝の気持ちを忘れるとは何たることか!

そうですよねー。ホント,そのとおりでございます。

明日からはまた新たな気持ちで勤労に励もうではありませんか。って誰に語りかけてるんだ?>オレ

昨日,いやもう一昨日か,インド飯を喰いに行ったのよ。池袋のマントラという店。初めて行った店なんですが,なかなかいいお店でありました。

この店にインド人と思しきウェイターがいたのだが,この人は日本語があまり上手ではない。というか,ほとんど喋れない。最初に注文を取りに来たときから最後までずっと英語であった。それはそれで面白かったけど。

料理の方はペアコースってやつを頼んだのだが,タンドリーチキンがやたらホットではあったけども味は総じて美味いし,お値段もお手頃だしで大変満足致しました。

サラダとかサモサとかひとしきり食べて,締めにカレーを二種と,ナンとサフランライスをひとつずつ食べたのだが,カレーがちょっと余ってしまった。既にけっこうお腹一杯だったものの「もったいないな」とか思ったりして,ナンをもう一枚だけ頼んだ。

これが命取りだった。

喰いすぎ。腹一杯。腸のひだひだ伸びきり。

喰い終わったときはそうでもなかったんやけど,なんかだんだん腹の中で膨張していく感じで,家に帰ったときは脂汗状態。夜中には頭痛,寒気,挙句の果てにはトイレで…。

以前にチャーシューにあたったときに似た症状だったのでこれはまずいと思ったんやけど,あたるようなもん喰ってないし,さすがにこんな夜中に救急病院に行ってただの喰い過ぎやとか言われたら立つ瀬ないしで,とりあえず胃薬飲んで寝ることにした。

翌日はすっきりしておりました。

あれは何やったんやろ? ただの喰い過ぎであんなになるんやろか…。

ま,今は何ともないからええけどさ。

そうやって連休は去っていったのでありました。