2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー「CIA・内部監査」の記事

2009-09-20

#566 CIA Part IV 合格(仮)

とりあえず、やっとこさ。

残るはPart III。ここんとこPart IVと並行してチビチビ進めてきたけど、なかなか手強い。

しかし。

やるっきゃない。土井たか子。

やるときはやる。

やらないときはやらない。

2009-05-04

#561 そんななか

ながらく滞っており、我ながらどうなるものか、どうしたものかと思っていたCIAのお勉強。

昨日やっとPart2を受験、無事合格(仮)となったことを記録しておく。

あと2つ。

モチベーション上げていく。

2008-10-16

#548 PART2が進まない…

Part1仮合格後、まだ正式な通知は来ておりません。

それはそれで待っとくとして、進めていくべきPart2がなかなか進んでおりません。いまはインプット期として講義DVDを見ているのですが、8枚中、今のところ2.5枚。

うーん、Part1受かってちょっと緩んでるのか?

いやいや、それはいかんですよ。

あわよくば年内にPart2と4のダブル受賞を目論んでいるわけで、ガツンガツン進めんと間に合わん。

ちょっとネジ巻きなおすべし。

2008-09-27

#546 1stステージクリア!

ということで、本日行ってまいりました、CIA試験パート1。

えー、何とか合格(仮)をgetできました。

ふー。

とりあえず、ひと段落。

これで気を緩めず、勢いに乗って2ndステージ以降もクリアしていきたい。

ま、まずはお疲れさん、よくやった、オレ。

#545 さてと

とりあえず、新たに入手した問題を何度かやりましたが、落ち着いて、問題をよく読んで丁寧にやれば、まぁ、いい感じになってきたような気がします。基本的な問題を取りこぼさないように、ね。

まぁ、「やったつもり」だけかもしれませんが、あとは人事を尽くして天命を待つって感じか。

いや、ま、そない大層なもんでもないか。

あー、近年で最高のドキドキ。ライブの本番前以上。

あたりまえか。

ライブは楽しいもんな。

でもまぁ、そんなに辛くはないのが救いだ。

そろそろ準備して行ってきます。

2008-09-22

#544 問題集3回目終了

正答率は90.4%まで向上。

まぁね、何度も言うが同じ問題を繰り返してやってるわけだから、3回目ともなると100%でなくてどうするって感じですが。

何度やっても間違えてしまうという問題があって、これはもうね、3回やって3回とも間違うと。そういうのは解説を読んでも納得いかないというか、腑に落ちないんだな。

解説が言葉足らずなのか、オレの理解不足なのかは定かではないが、こういうのは本当はもう、「こういうもん」として覚えておくんだろう。でも、納得してないから覚えることすらできないわけで。

そんなこんなで、今週末の土曜が本番。

後の数日は、間違った問題をさらってブラッシュアップを中心としようか、新しい問題を時間区切って模試的にやってみるかな。

ラストスパート。

とりあえず。

2008-09-18

#543 問題集2回目終了

正答率79.8%。1回目が62.9%だったから、まぁ、伸びてはいるけども…。

理解が深まってる実感はなんとなくあるのだけれど、1回目に正解したものを間違えたり、同じ問題を間違えたりしてて。

うーん、まだまだや。

どうやら、知識を問われるものより、具体的な場面を提示されて、「その際のコントロールとして適切なものを選べ」的な問題が苦手のようだ。

要するに、基本的な考え方が自分の中にまだ定着していないということなのだろう。

同じ問題を繰り返してやってるわけだから、100%を目指すべし。なのだが、果たしてこのまま突き進んでていいんだろうか?という気も少しする。

不安だ。

地球滅亡まで、いや、試験まで、あと10日。

2008-09-10

#541 試験日決定

9月27日(土)、13時より。

あと何日ですか?

うーん、問題集、何周できるかね…。

2008-09-09

#540 勉強法、みたいな

アタシはTACの通信講座でお勉強しています。

職場の同僚・先輩が勉強を始めたときは選択肢がUS Education(現・Abitus)しかなかったんですが、今はTACも講座を開いており、そのほかにもちらほら見かけるようになりましたね。でも、今のところはどっちかが基本という気がします。

アタシもAbitusとTACで迷ったんですが、Abitusのほうがちょっと高かったんで。TACの方もエエ値段してましたが、そこはもう自分への投資と割り切って…。うーん、でも、痛い。

そう言えば、秋からTACの講座内容が少し変わって、基本の講座の受講料がさらにお安くなっていやがった。その分オプションを増やして、より苦手な内容は別料金で、みたいな。問題集もWEBで公開されるようになるし。なんか悔しい。ま、しょうがないけどね。

通学の方が集中できるし、良い意味での緊張感も持てるだろうとは思いましたが、その時間にその場に居るというのも難しいところがあるかなと思い、通信にしました。あと、手元にDVDが残るので、もし落っこちてもまた最初から見直しができるし、と。

えぇ、その時点で弱気なことを考えていたわけです。

Part1のDVDは8枚。1枚に80分くらいの講義が2コマ。これを見ないことには始まらないので、なんとか時間を確保しなければなりませぬ。講義をブツ切りで見ても何が何だか分からなくなってしまうので、最低でも1コマ分、1時間半くらいはまとまった時間が必要になる。

これがなかなか、ね。通勤電車の中で、とかが使えないんで。でも、こないだ電車の中でポータブルDVDプレイヤーで何かの講義のDVDを見ている人を見かけたな。テキスト片手に、膝の上でポータブルDVD見てた。たぶん宅建かな。

通学だと、校舎に行ってその日の分1枚(つまり2コマ分)を見ることになるんですが、通信だと1コマ単位で区切って見られるのが良い。隙間の時間を見つけやすい。っていうか、そうやって時間を作っていかないと追いつかない。その分、集中度がやや劣るという気もしますが。

でもなぁ、やっぱりなかなか進みません。

普通は3~4ヶ月ぐらいでPart4まで一気に受講して受験!という感じみたいですが、そういうスピード感にはなかなかなれない。もちろんアタシの意志の問題もあるじゃろさ。飲んじゃったー、とかさ。「今日はー、ま、いっかー」みたいな。それではいかんのは重々承知です。

とりあえず、アタシは、マイペースでいこうと思ってます。時間かけてもいられないので、できるだけ早くやっつけたいのはヤマヤマですが、焦ってイライラしてもしょうがないし。何とか確実にひとつずつGETしていきたいなと。

ということで、先日、Part1のDVDをやっと見終えました。DVDはあまり見直すという感じではありません。集中して見て、あとはテキストや規程集を見返すという使い方になりそう。っていうか、普通の授業ってそういうもんやな。

今は問題集をやっと1周したところでございます。

問題文の直訳日本語が難しい。全然知らないことが当たり前に出てきて解説がない。解説読んでも分からない問題がある。などなど、なかなか手ごわい思いをしております。

ってな近況。

当面はこんな感じの記述が増えるものと思われます。

「自分自身の吐き出し」という部分と、ひょっとすると、他の受験する人の役に立ったりすることもあるかもしれないなぁという思いも少しだけアリ。

ギター話、音楽話を期待されてる方には申し訳ありません。

機会があれば、っていうか、気分がそっちに向くようなことがあれば、そういう方面の話もできればなーとは思っています。ってか、したいんだ、ホントは。

まぁ、いきなりギターの話ばっかりするようになるかもしれないので、そうなったら、「あ、切れたな」とでも思ってくだされ。(笑)

2008-09-06

#539 CIA試験とは

前エントリーで書いたCIAですが、その試験内容を書いておこうかな。

・各パートとも100問を2時間45分でこなす。

・パートごとに受験可能。もちろん4パート一発合格狙いも可。だいたい2回もしくは3回で合格してる人が多いような気がする。もちろん一発合格さんも多いでしょうが。

・CBT(Computer Based Testing)ということで、この日に一斉試験!じゃなく、登録さえしてしまえば試験日は会場の予約が出来る限り任意に設定できる。

・申し込みも随時受け付け中(とはいえ、IIA本体さまのご事情で登録の処理がすげー遅れてる!)

・出題形式は全問四択。PCの画面見ながら、マウスで選択肢をクリックしていく。

・合否ラインは、IIA-Japanの説明だと「得点は250から750ポイントのスケールドスコアに換算されます。合格ラインは各Part共600ポイント以上です」ってことなんだけど、ようわからん。経験者によると、感覚的には8割とれたらOKだそうですが。

・コンピュータで即座に採点できるので、その場で仮の合否がわかっちゃうらしい。仮って何よ…。良く言えば「終わった瞬間から次のステップに行く切り替えができる」ということだそうですが、残念ながら落ちちゃった場合、経験者によると、テストが終わった瞬間に「不合格(仮)」みたいな画面が出てくるそうで、とりあえず終わったーという開放感に浸ることもできず、ものすごい脱力感・疲労感に襲われるらしい。

・最近は資格取得のための講座も(選択肢は少ないけど)開かれるようになり、昨今の「内部監査・内部統制」への関心の高まりと合わせて、注目の資格のひとつ。ってことらしい。受験者も増えてるみたいやし。

・ちなみに日本の有資格者数は2007年現在で3192名だそうです。多いんだか少ないんだか、微妙な感じやな。

とかなんとか、オレが説明することもなかったか。

まぁ、いいや。

興味持った人はIIA-Japanのリンクでも参考にして下され。

より以前の記事一覧