2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ

2015年9月

2015-09-09

#592 涙腺崩壊、まではいかんが

テストも兼ねて短文投稿。

一部ではよく知られているオレの嵐好き。

基本的に曲が好きという面が大きいんやけど、その中でも特に最近キテるのが…

マイガール
still…
Blue

どれも切ないのよ。

カラオケで歌いながら、グッときてもうてヨレるときがあるもんね。

嵐を歌いながら胸熱で半泣きになってるアラフィフのオトコ。

それが、このオレ。

どーだい、気持ち悪いだろー?
(くまだまさし風)

2015-09-07

#591 かつて言ったこと

「ルールに従っていない服装をしている生徒は、帰宅させて着替えてくるように指導してください」

母校(尼北高)の文化祭、恒例の大人形が今年は米朝師匠というニュースを見て。

オレも3年のときに実行委員やって。監査委員とかいう役割やったのね。なんか「風紀委員」的な。

で、当時、北高は服装自由やってんけど、ちょっと乱れ過ぎちゃう?みたいな雰囲気があって、「尼北フリーダムの崩壊の危機や!」みたいな話もありーので、文化祭の開催に当たって実行委員と教師とでいろいろ対応を協議してた。まぁ、イベントやし、あんまり華美な格好すんのはやめといたほうがええんちゃうか、みたいな。

ほんで、最終的に落ち着いたのが「白いシャツと学生ズボン」(男子は、ね。女子はちょっと覚えてないけど、似たような感じやったと思う)みたいな線やってん。今思うと、こんなん自由でもなんでもない、ただの学生さんルックやねんけどさ。

教師側からの圧力みたいなもんもあって、当時は「文化祭を確実に開催するにはこれぐらいの妥協は必要や」とか思ってて、そんでまぁ、上記の線で妥結したんやったと思う。

それで、よ。

いよいよ始まりまっせーっていうことで、みんなが体育館に集まって、なにやらセレモニー的なことをやるときにね、連絡事項伝達の一環として、オレが壇上に上がって言ったのが、これ、ですわ。一言一句は違うと思うけど、ニュアンスはこんな感じやったと思う。

「えーっ?!」とかいう声があっちこっちから聞こえてきて、ザワツキが大きくなっていったのをステージから見てた。その光景はけっこうはっきり覚えてる。

当時のオレは、「これぐらいやらんと文化祭の開催自体ヤバかったんや。これは正しい」って思ってたと思う。でも、一方どっかで「権力、弾圧」みたいな言葉が頭に浮かんでた。「なんや、あいつ、えらそうに」とか思われてるんやろなーとも。

なんちゅうか、オレが権力のイヌに成り下がった瞬間、ね。

今でも、ちょっとした苦味と一緒に記憶に残っているぐらいやから、たぶん引っかかってるんやろうな、「権力、弾圧」に。

まぁ、あくまでオレの記憶やから、当時のことを知ってる同級生や後輩たちの記憶とは違ってるかもしれん。自分にええように記憶を改竄してる可能性もあるし。

事実誤認があったら指摘してくれると嬉しいです。でも、ソフトにお願いね。ガラスのハートやからwww

#590 かつて言われたこと

「昔は素直で活発で明るい子やったのに、なんでこんな風になってもうたんやろなぁ…」

これ、オカンに言われたこと。
高校生のとき、たぶん2年か3年頃やったと思う。

家では基本ひとりで居る
親戚が来たりしたときも、すぐには出てこない
あまり家族と話したがらない
基本、本読んでるかレコード聴いてるかギター弾いてるか
陰気
ひねくれている
卑屈
理屈っぽい
外に出たがらない

そんなオレを見て、たぶんポロッと本音がこぼれたんやろなぁ。確かに家ではこんな感じやったような気がする。

まぁ、でも、思春期の少年としては、親に対しては誰もがこんなもんちゃうの?
別にグレもせんかったし、比較的「エエ子」やったと思うねんけど。オレも「そんなん、そっちがそういう(素直で活発で明るい)子供であってほしいっていう願望ちゃうん?」って思ってたのも、覚えてる。

当時のオレを知ってるひと、何人かと今このfacebookでつながってるけど、彼らから見た印象はまた違うんかな、とも思う。

ただ、どこか屈折した気持ちは確かにあった。コンプレックスもあった。世の中を斜めに見たがるところもあったし、それがかっこいいと思ってたところもあった。

今になって、オレという人間は、実は他人とのコミュニケーションがまったく出来ないひとであり、それは方法論を全く学んでこなかったことと、人間として重要なものが欠落していることに起因している、との指摘を受けている、この状況の、ひょっとしたら萌芽が、このとき既にあったのかもしれず、母親が直感的にそれを見抜いていたのかもしれへんな。

高校生の頃のオレの特徴として列挙した項目は、当時母親から折りに触れ実際に言われていたこと。
「あんた、◯◯やからなー」的に。

それと、昨今のコミュニケーション出来ない云々の指摘は、カウンセラーとのセッションの中で至ったもの。
「aの場合、多くの人はxという行動をとりますが、あなたはyという行動をとると言う。それは何故だと思いますか?」みたいな問答を繰り返して、自分の考え方を掘り起こしていく過程で出てきたものです。

2015-09-06

#589 アドバイス

「日常のね、小さな幸せとかさ、そういうのに目を向けてみなよ。今まで気づかなかっただけで、君の周りにはそんなささやかだけど確かな幸せが転がっているんだよ。そこに意識を向けてみるだけで随分違うと思うよ」

#588 無題

いやいやいやいや、もうさぁ、もうええねん。

誰もそんな話、聞きたないねん。

ええ加減にしとけよ、ホンマ。

イライラするわ

#587 くだらない

ウソとごまかしを繰り返し積み重ねてきた。これからも多分そんなに変わらないだろう。

このくだらない日々を、せめて自分のものとして全うすることが大事なんだよね?

未来と自分は変えられる。でも、そのためには基礎エネルギーみたいなものが必要。それが足りてなければ、変える力も湧いてこない。

視野狭窄に陥ってるときは何も見えなくなってしまう。頭を上げるにもパワーが要る。

病んでるのか病んでないのか。
真摯なのか怠惰なのか。
危険なのか安全なのか。

クオリティー低過ぎやろ。

2015-09-03

#586 人間のクズ

・若気の至りで結婚した嫁はんに対して酷い振る舞いと暴言を繰り返す
・その嫁はんとの間に出来た長男には「土曜日の晩に飲みすぎてもうてなぁ。それで出来たんがお前や」と言ってしまう
・気鋭の外国人アーティストを嫁はんが留守の間に家に連れ込んで不倫関係に(後に結婚するけど)
・職場に新しい嫁はん連れて来るだけじゃなく、嫁はんが仕事仲間に対してあーじゃこーじゃ口出しするのを黙認
・その嫁はんのことを「おかん」と呼び、完全に依存
・喧嘩して嫁はんが家を出て行ってる間、友達と飲み屋に入り浸って連日泥酔
・さらにその店で暴れて物を壊す
・秘書に手を出す

こんなん、ただの「人間のクズ」やから。

めちゃくちゃええ曲作って、めちゃくちゃ上手に歌って、心の琴線に触れまくって、不慮の死を遂げて世界中が涙しても。

#585 悪しき影響?

自分の情けない、ダメ人間な部分を臆面もなく公衆にぶちまけるという行為を、正直とか赤裸々とかありのままとかいう言葉でさもええことのように考えたり、なんなら「かっこええやん」とか思ってしまうのって、ジョン・レノンの悪しき影響なんちゃうか。

それがアリなんはジョンやからであって、お前、ジョンちゃうからな。

お前はただの情けないヤツやからな。

勘違いすんなよ。

#584 晩年

オレが今よりずっとずっと若かった頃、誰の助けもいらなかった…。

という話がしたいわけではなく。

ひょんなことで占い師の方に運勢を見てもらう機会があって、そん時「あなたは、周りの人に助けられながら、大きな苦労もなく、順調な人生を歩むでしょう。ただし、晩年は寂しいものになります。あたたかさには恵まれないので期待しないでおきなさい」って言われたことが、頭の片隅にずっと残ってる。

晩年って、いつから始まんの?もう始まってんの?

#583 ネガティヴ祭り さらにその後

晩夏のネガティヴ祭りは、ひとまず落ち着きを見せつつあります。というか、気持ちが切り替わりつつあるというか。
何が解決したわけでもないんやけど、時の経過とともに波が去ったという感じ。あ、ここで吐き出したデトックス効果もあったんやろな。

デトックスに利用すんなよって感じやけど。

ここんとこめちゃ涼しいけど、このまま秋になんのかなー、それともまた暑くなるのかなー、台風もまた来んのかなー?

ってところか。

#582 前向き前向き

最近、会社の近所のコンビニとか飯屋とかで、関ジャニ∞の「前向きスクリーム」がやたら流れてて、最初聞いた時は「あー、関ジャニらしい曲やな」ぐらいの感想やってんけど、🎵前向き 前向き🎵が何度も何度も繰り返されるのを聞くにつけ、だんだんイライラしてきて、「うるさーいっ‼️」と叫びたくなるオレは、やはり歪んでいるのでしょうか…?

あ、関ジャニは好きですよ。大阪のそこらへんのにーちゃん感が。

2015-09-01

#581 かつて言われたこと

when i was a young boyだった頃、ある女友達(彼女に非ず)に、「あなたって、自分のことを他人のように話すんだね」(文責オレ)って言われたことがあって、その時どういう意味か聞きそびれてしまったので、未だによく解らないんやけど、なんか記憶に残ってる。

#580 ネガティヴ祭り その後

ここんとこ連投してきた、いわゆるネガティブ祭りに対して、たくさんの「いいね」をもらってしもて、ありがたいやら申し訳ないやらで、正直なところ大変困惑しております。

こういう投稿って、皆さんならとっくの昔にまるっとお見通しやと思うんですけど、ズルイです。

人間誰しも弱さやダメさを持ってるのは当たり前で、一方でまぁええところもあって、そのブレンド具合でその人が出来上がってるわけでね。いろんな自分があって、そのどれもが自分で、それは逃げようのないことで、だからこそめげたり萎えたりしながら受け入れたり戦ったりして、その繰り返しが人生なのであって、そういう日々を誰もが毎日、あるときは歯を食いしばりながら、あるときは楽しみながら、暮らしてるもんやん。

そこで、オレっすよ。

あえて自分のネガティブなところに極端にスポットを当てて、友達限定で公開してるSNSに書き込んでる。これ、要するにみんなに甘えてるだけやから。

「オレ、こんなにヒヨヒヨやねーん、あかんねーん」って声高に主張することで、「いや、そんなことないよー、大丈夫だよー」という声をかけてくれるのを待ってるというね。これはもう真性かまってちゃんでしょ。ロックンロールは鳴り止んでしまってるでしょ。

まぁ、腹の中をさらけ出してるというか、どろどろーっと見せてるという面はあるかなとは思うけど、他人のはらわたなんかそないええもんでもないし、もっと言えばどーでもえーことやん。で、それはもう、知らんがな、そんなもんお前の腹の中に納めとけよ、いちいち言わんでエエよっていう話になりますわな。

自分の無様な様子を「うおー、これがオレの魂の叫びなんやー」っていう顔をしながら見せて、ナデナデしてもらうための頭を差し出しているというね、その様がもっとも無様。

「いいよ」を押してくれたみなさんは、どういう気持ちで「いいよ」なんですかね?
「そうそう、わかるーっ」「心配すな、お前大丈夫や」「はいはい、承認欲求キツ過ぎ。厨房かwww」「気持ち悪ーい」等々、いろんな思いを持たれたんやと思うんですが、ボタンが「いいね」しかないんで、「エエこともないけど、なんか表明したい」という感じなんでしょうかね。一部、コメントいただいてる方からは、叱咤と励ましという感じでしたが。いや、それはありがたいと思ってますよ、マジで。

一方で、「よしよし、オレもまだ見捨てられてないわ」っていう歪んだ安堵を感じてたりします。

そして、このエントリーもまた、構造の一部として機能してしまうという…。

男は黙ってサッポロビール。

って言い切っとけよ。

« 2015年8月 | トップページ