2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #589 アドバイス | トップページ | #591 かつて言ったこと »

2015-09-07

#590 かつて言われたこと

「昔は素直で活発で明るい子やったのに、なんでこんな風になってもうたんやろなぁ…」

これ、オカンに言われたこと。
高校生のとき、たぶん2年か3年頃やったと思う。

家では基本ひとりで居る
親戚が来たりしたときも、すぐには出てこない
あまり家族と話したがらない
基本、本読んでるかレコード聴いてるかギター弾いてるか
陰気
ひねくれている
卑屈
理屈っぽい
外に出たがらない

そんなオレを見て、たぶんポロッと本音がこぼれたんやろなぁ。確かに家ではこんな感じやったような気がする。

まぁ、でも、思春期の少年としては、親に対しては誰もがこんなもんちゃうの?
別にグレもせんかったし、比較的「エエ子」やったと思うねんけど。オレも「そんなん、そっちがそういう(素直で活発で明るい)子供であってほしいっていう願望ちゃうん?」って思ってたのも、覚えてる。

当時のオレを知ってるひと、何人かと今このfacebookでつながってるけど、彼らから見た印象はまた違うんかな、とも思う。

ただ、どこか屈折した気持ちは確かにあった。コンプレックスもあった。世の中を斜めに見たがるところもあったし、それがかっこいいと思ってたところもあった。

今になって、オレという人間は、実は他人とのコミュニケーションがまったく出来ないひとであり、それは方法論を全く学んでこなかったことと、人間として重要なものが欠落していることに起因している、との指摘を受けている、この状況の、ひょっとしたら萌芽が、このとき既にあったのかもしれず、母親が直感的にそれを見抜いていたのかもしれへんな。

高校生の頃のオレの特徴として列挙した項目は、当時母親から折りに触れ実際に言われていたこと。
「あんた、◯◯やからなー」的に。

それと、昨今のコミュニケーション出来ない云々の指摘は、カウンセラーとのセッションの中で至ったもの。
「aの場合、多くの人はxという行動をとりますが、あなたはyという行動をとると言う。それは何故だと思いますか?」みたいな問答を繰り返して、自分の考え方を掘り起こしていく過程で出てきたものです。

« #589 アドバイス | トップページ | #591 かつて言ったこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/62245191

この記事へのトラックバック一覧です: #590 かつて言われたこと:

« #589 アドバイス | トップページ | #591 かつて言ったこと »