2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #549 レスポールカスタム | トップページ | #551 久しぶりのぷりぱろ »

2008-10-18

#550 フェルメール展

東京都美術館でやってる『フェルメール展~光の天才画家とデルフトの巨匠たち~』というのに行ってきた。

「絵」というものとのお付き合いは、これまでほとんどしたことがなく、と言うか非常に苦手でして、もうね、よくわからないのですよ。

「わからない」と言うと、「わかる/わからない じゃないんだよ」的コメントをいただいたりするのですが、なんちゅうかね、それ以前の問題と言うか、「絵」を見てもそもそもグッと来ないわけで。

どこ見たらいいんだか、何を見たらいいんだか、何をどう楽しめばいいんだか。

一方で「絵」を楽しんでいる人たちがすごく羨ましかったりもするわけよ。そらね、人生において感動できるネタを多く持ってる方がね、なんかええやんか。

でだ、今回は「絵」の好きなお友達が「みんなで絵を楽しもう」的イベントとして企画してくれたので、ちょっとハードルが下がったような気がして、行ってみようかと。オレも、名前と青いターバンの女性の絵くらいは知ってるフェルメールだし。

参加するにあたってテーマと言うか、自分なりに思ってたことがあって。

「絵」というのはまさに「一点モノ」なわけで、オリジナル、現物であることがとても重要なのだと思うのですよ。複製やメディアを通じて目にする機会はままあるけど。で、実物をこの目で見たときに自分が果たして感動するのか?と。

今まで「絵にはグッと来ない」と思っていたのは、大した絵を、それも実物を見てないからではないか。それなら、良い絵を美術館に見に行けば感動できるのではないか。ある程度評価が定まった画家の作品であれば、測定も容易だし。これをきっかけに「絵」の面白さに開眼できれば、もうひとつ人生が豊かになる。

みたいなことをね、考えとったわけです。

さて、結果は。

もひとつでした。

なんかね、どうもピンと来ないと言うか、上滑りと言うか、それほどグッと来ることもなく。これまでも、何度か「絵」にトライしてきては感じてきたイマイチ感を再確認しました。「絵」という芸術との相性が悪いのだろうか。

あ、収獲がまったくなかったわけではない。

展示されてる絵の横に書いてあった技法とか構図とかについての解説を読んでみて、現実の切り取り方、どこをどう切り取るかというところからスタートしているというのは、ちょっとなるほどであった。人間の目という制約が無いというかね。

でも、そういうのって、やっぱり頭から入ってる感じやん。

そういう楽しみ方を否定することは全くないとは思うけど、なんかさ、やっぱり出会いはドラマチックと言うかね、「もう、見た瞬間にフリーズした」とか「鳥肌が立って、視線が外せなかった」とか言いたいやん。

そんな出会いはそうそうあるもんじゃないんでしょうが、逆にそういう出会いでもない限り、絵とのお付き合いはなかなかハードルが高そうな気がしている今日この頃。

« #549 レスポールカスタム | トップページ | #551 久しぶりのぷりぱろ »

コメント

これがウワサのイエスタデイ問題ですね!
(違う)

ぐっとくるには、いろいろな画家の作品を見てみるのが良いと思うです。

たとえばフェルメールなんかは、誰でも知ってるキレイな絵ですよね。
バッハとか、時代は違うけどモーツァルトとか。
ロックにぐっと来る人にはいまいちなはず。

なべさんには現代美術のほうが案外面白いかもしれませんね。

今回のオフになべさんまきちゃんが参加してくれてよかった。お二人の参加で、オフが一段と楽しくなったと思います。

そうね。予備知識とか関係なく、ドカンとやられないと、なかなか興味はわかないですよね。ガツンと来て、そこから知識に走っていくわけで、ドカンとかガツンとかナシに頭だけで絵画を鑑賞するのは、楽しくないと私も思います。なべさんも、何かの絵を観てドカンとかガツンがあるといいけど、それはなかなか予測できないし、人によってレセプターが違うしねえ。

正直に言うと、私は今回の展覧会の中身そのものは、いまひとつだと思っています。

正直、私も絵から受ける「グッとくる」度は音楽や本のそれよりもだいぶ弱いんですよね。でもまあたまに「おおっ」と感じる瞬間があるのと、「こういう世界もあるんだなあ」的な面白さ目当てで楽しんでいます。いろいろですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/42858721

この記事へのトラックバック一覧です: #550 フェルメール展:

» [美術]フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち(東京都美術館) [庭を歩いてメモをとる]
今まで行った中で一番楽しかった美術展でした。作品がよかった?いや、いくらフェルメールが7枚あるといっても、例えばメトロポリタンやロンドンのナショナル・ギャラリーとは比べものにならない。企画がよかった?そのとおり。でもそれは美術館側の、ではなく(悪くなかっ... [続きを読む]

» [美術] フェルメール展 [御無沙ティ御無沙汰]
何から書けばいいのかわからないぐらい、この展覧会を堪能しました。 それは主に、Fさんが企画してくれた「オフ会」のおかげです。 鑑賞後の閉館間際に、会場内で友人たちと待ち合わせて、あれこれ感想を言い合いながら全員で場内をざっと回って復習。さらに、場所を変えて... [続きを読む]

» [ただの日記]フェルメール展とライブ2つ [エビゾランテ]
絵画展に行く時は、独りで。 娘と一緒に行くことはあるけど。 でも、Fちゃん首謀企画では、同じ日にみんなでフェルメール展を鑑賞するのだ。 修学旅行みたいにみんな固まって観るのではなくてね、バラバラ勝手に好きな時間をかけて観る。 閉館15分前に、まるで示し合わせた... [続きを読む]

« #549 レスポールカスタム | トップページ | #551 久しぶりのぷりぱろ »