2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #525 一週間が経ちまして | トップページ | #527 今回ライブにおける機材関係の話 »

2008-06-03

#526 ありがとうと言う

たとえば、コンビニにて。

店を出る時に「ありがとうございましたー。またお越しくださいませー」って、必ず言う。そういうマニュアルなんだよね。

なんか、これが妙に癇に障る時があって。

「お前、別にオレにありがとうとか思ってへんやろ? 客が店出る時にはそう言えってマニュアルに書いてあるから言うてるだけやろ?」

って、思うことがある。

自分も、これまでいろんな場面で「ありがとう」と言ってきたけど、そのうちのどれぐらいが本当に心から出た「ありがとう」だっただろうか?とも思う。

仕事でも、営業ってやったことがないから、本当にお客さんとのやりとりとかさ、そういうこといまいちピンと来ない。基本的には仕事相手は社内の人間か、社外にしてもプロジェクトのパートナーだし。

日常的に言う「ありがとう」にもちゃんと心を込めて言ってるか? んー、流してるときもあるよな。

2007年の秋。

きっかけはごくごく単純なこと。行けなくなったライブのチケットをネットで売ったのよ。超ドタキャンで、開演まであと数時間ってところだったんで、ライブ会場近くで待ち合わせてその場でお取り引き。

もちろんディスカウントしたんだけど、向こうは向こうで見られないと思ってたライブに安く行けて、こっちはこっちである程度は回収できて席も無駄にならなくて。

このとき、オレは「あー、どっちもメリットがある取引ができたな、よかったなー」と思えて、そのチケットを買ってくれた人に思わず深々と「ありがとうございました」と頭を下げたんだ。

これってさ、別に当たり前のことよ。

なんだけど、オレにとってはね、なんかちょっと転換点になった気がするのさ。本当にありがたいと思ったんだもの。

その時以来、いろんなことに「ありがたいな」と思う気持ちを、改めて感じるようになった気がする。

ライブでもそう。

「ライブに出られてありがとう」、「わざわざ来てくれてありがとう」、「喜んでくれてありがとう」。前はさ、なんかちょっと恥ずかしいというかなんというか、普通に言えない感じがあったのよ、オレ的には。

それが、今はほんとにうれしいし、ありがたい。それを少しはサラッと言えるようになった気がする。

あくまでオレレベルだからさ、世の中的にはそんなの出来て当然なのかもしれないけれど。

なんかね、ありがたいなと。

思うよ、ほんとに。

なんか、ちょっと気持ち悪いかな?

« #525 一週間が経ちまして | トップページ | #527 今回ライブにおける機材関係の話 »

コメント

元接客業でした。

本当に有り難うと思う時は全体の60%ぐらいです。

声のハリや目を見れば心から言っているかどうか判りますよ。

目が笑って無い人はマニュアルありがとうです。

声がやたらと大きい人(有り難うの時だけ)もマニュアル有り難うです。

基本接客業のほとんどに「有り難うマニュアルは存在しません」

帝王さん

本当にありがとうと思うこと、60%もあるんですか。けっこう意外です。

目を見るとわかるんでしょうけど、そういえば、自分も接客されてて相手の目を見るということはしていないなと思いました。

相手も人間、ブスッとしてる人に対して「ありがとう」とは言いにくいかもしれませんね。

言葉でちゃんと感謝を述べるのって、とても大切な、よいことだと僕も思います。マニュアルアリガトーはさておき(笑)。
向き不向き、得手不得手はありましょうが、これができるようになると、本人も周りもとても幸せになれるような気がします。

>けんちゃん

そうだよね。ほんとにそう思います。
ただ、これがなかなか難しかったりもし。
対人的には「え、いや、まぁ、そうっすね…」対応が多い私としては、永遠の課題かと思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/41410788

この記事へのトラックバック一覧です: #526 ありがとうと言う:

« #525 一週間が経ちまして | トップページ | #527 今回ライブにおける機材関係の話 »