2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007-07-27

#502 ついに出た

Johnlennonlp01_3


本家Gibsonから、ジョンがマディソンのコンサートで使用し、現在さいたまのジョン・レノン・ミュージアムに展示されている、「あの」改造レスポールジュニアの完全復刻モデル。世界限定300本。

ペグを交換した際の穴も開いたまま、弾き傷や金属部のくすみまで完全に再現。なんだそうで。

価格は、なんと税込み定価928,200円。だけど、ヤフー・ショッピングでの売値は税込み648,900円。驚きの3割引。何なんだこの価格設定は。

こういうの、興味無いなぁ。

いや、この改造レスポジュニアには興味ありまくりなんですが、「傷を再現」とかさ、そういうのは…。スペックを再現っていうならね、オレも欲しいとは思うんだが。

ここ何年か、新品に傷をつけたり塗装をはがしたり金属部分をくすませたりしてオールド風に仕上げる「レリック」なるものが流行っておるようですが、見た目だけオールド風にして何がうれしいんだか、全然わからん。

今回のコイツも、わざわざ新品ギターにジョンの弾き傷を施してさ、「おー、完コピやん!」とかって喜ぶんだろうか?

いわゆるコレクターズアイテムなんだろうな。でも、こういう「持ってるだけで喜んじゃう人向け」みたいなギターって、どうなんだろうね。

もしオレに金が有り余ってたら、このギター買うだろうけど、買ったらメインギターにするね。で、さらにオレの弾き傷やら当て傷やらバックル傷やらつけまくってやる。

願わくば、世界中の300人にもそうであって欲しいもんだ。

#501 聖者の行進

1998年にTBSで放送されたドラマ「聖者の行進」。野島伸司脚本、いしだ壱成主演。

レンタルで見ました。

もう泣けて泣けて。

最終回がちょっと腰砕けになっちゃった感じがありましたが。

もう泣けて泣けて。

出演者みんな良いんだよ。いしだ壱成と広末涼子と松本恵(現・莉緒)と安藤政信が良い。デビット伊東なんか当時辛かっただろうなぁ。

もう泣けて泣けて。

もうね、ホントに泣けて泣けて。

#500 やっぱ楽しい

どうも更新スピードが上がりませぬな。

そうこうしてるうちにナニゲに何かしらのことはあったりもして。

前にチラッと書いた、ちょいと先の演奏チャンスの話ですが、先日、最初の練習、じゃないな、まぁ、スタジオでの顔合わせ&飲み・飯の集いがありました。

秋に行われるアキみんご夫妻のパーティーで演奏するKFA+Ni!の合体バンド。

顔合わせったって、メンバーみんな知り合いなわけで、あ、おけいさんとまきちゃんは初対面だったのか、まぁ、それほどかしこまることもなく、どうせキックオフするならスタジオで音出せる環境でやろうぜってなことでスタジオ入り。

で、まぁ、とりあえずKFAのレパ曲をその場でちょちょっとやってみたり。適当な曲流してやってみたり。

で、楽しいのだな、これが、やはり。何度もやってきた曲だけど、2人が加わることですごく新鮮だし、刺激を受ける。面白い。鹿さんに煽られる。

できればNi!のThe Wh♂の曲も見たかったな。これがちと残念。って客かよ。

そのまま新高円寺食堂へ移動して会食。いろいろ見ながら飲み食い&飲み食い&飲み食い。

何のミーティング的なこともせず、ただ単に集まって音出して楽しくて、飯食って美味しくて、あー、面白かった。まぁ、メンバー間の親睦は深まったからそれで良しとしましょう。

ということで、バンド名は募集中。(笑)

まいどまいどアキちゃんにはほんとにお世話になりました。

2007-07-05

#499 ときめく心

激しく睡眠不足、激しくダウナー、激しく意欲減退な昨今。

そんな私を揺さぶるモノ発見。

Squier(by Fender) Telecaster Custom II

SquierはFenderのセカンドブランドで韓国で生産されているもの。JapanやMexはFenderなのになんでKoreaはSquierなんだ?という素朴な疑問はあるが、それはまぁ、いい。

値段が値段だけに初心者~初級者向けのブランドではあるんだろうけど、Squierでしか出てない仕様もあって、今回注目したこいつもそういうタグイ。

テレボディにダンカンデザインのP90タイプを2発、2Vol、2Tone。FenderのTelecaster DeluxeのP-90版みたいな感じだな。こいつも気になるヤツだが、とりあえずここでは触れない。

P-90の乗ったテレというのは前から興味があって、確かバッカスだかなんだかから出てたヤツも良いなと思っていたんだが、なんどこんなところにもいたのね。モデルとしては前からあるみたいだけど知らなかったわ。

まぁ、価格が価格だけに細かいツクリなんかには不安はあるのだけど、逆にこの価格だから「ま、いっかー」とも思えるんじゃないか。オレとしては1Vol 1Toneのほうが好みだが、この価格なら買っちゃって改造しちゃえばいいやって気にもなる。

あー、どんな音なんだろう? 気になるぜ。ということで、ちょっと「ウォーッ!」な気分。

FUJIGEN MSAーSP

一方こっちは、アタシもリペアなんかでお世話になってる有名メーカー"Fujigen"の新モデル。セミアコです。

アタシ、P-90乗せたセミアコ(カジノはフルアコ構造だからね)を弾いてみたいとかねがね思っておったのですが、まさにこれがそれじゃないかと。

通常セミアコより一回り小ぶりなボディで取り回しも良さそうだし、ボディカラー4種に、クリームピックアップカバー&パールホワイトピックガード&ゴールドノブチームとオールブラックチームがそれぞれ選べるというのも良いね。

しかもこのスペックで15万というのが、なかなかのコストパフォーマンス。

見た目としては、うーん、クリームパールゴールドならどれもいいなぁ、ボディがブラックならパーツブラックもなんかいいなぁ、でもちょっと重いのかなぁ、でもいいなぁ、と妄想は膨らんでいくわけで。

あー、どんな音なんだろう? 気になるぜ。ということで、ちょっと「ウォーッ!」な気分。

セミアコに15万出すなら普通のテレキャスの良いのが買えるなぁ、でもP-90ってのがいいんだしなぁ、でもノーマルテリーのジャキジャキもいいしなぁ。いずれにせよSquierは安いよなぁ、とりあえず買っちゃえよって言えてしまう値段だもんなぁ…。

とか何とか。

久しぶりに、少しときめいた。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »