2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007-05-30

#496 原マスミ

原マスミという人がいる。シンガー、ソングライター、声優、イラストレイターなど、多方面にわたって活躍してるアーティストらしい。

でもまぁ、そんなことはどうでもいい。なぜなら、私が後付で知った知識だから。

今から25年くらい前に「ピンクのカーテン」(主演:美保純、監督:上垣保朗、原作:ジョージ秋山。R-18なので注意)という映画があった。25年前の私がR-18映画を映画館に見に行ってていいのかって話は置いといて。

血のつながらない兄の元に転がり込んでくる妹、二人の危うい関係を切なくも温かい視点で描いた作品だった。と思う。その後見てないので、こういう記憶は得てして美化されているから今見るとなーんだってなことになる可能性は大きいが。

これの主題歌がとても耳に残るものだった。中性的で細い声、いななくようなギター、妙に腹にずんずんくるリズムが奇妙な感じで胸をかきたてた。

ラストシーン。ベッドの上に妹、畳の上に兄が寝ていて、何かを求めるように伸ばした妹の手がアップに、そこに左から兄の手が伸びてきてそっと握り合う。そこから静かにゆっくりとカメラが引き始め音楽が重なってくる。やたら長いエンディングだったが、私は半泣きになった。曲と画が良い感じでブレンドしてる思った。

映画のクレジットを確認して原マスミという人が歌ってることを知った。慌てて当時通ってたレコード屋の兄ちゃんに探してもらい、数日後、「イマジネイション通信」というアルバムを手に入れた。原マスミのファーストアルバムだ。

はまった。

原マスミは男だった。映画の主題歌は「ズットじっと」、エンディングは「仕度」という曲だった。

他の曲もいい。ファンタジーなんだけどどこかグロテスクな詩の世界、ポップなんだけどどこかが常に破調しているサウンドが上手く絡み合っていて、とても気に入って繰り返し聴いた。

その後、私はなぜか追いかけることをしなかった。

時折思い出して「聴きたいなぁ」と思うことはあっても、LPは実家だし、新たに手に入れようと思ってもとっくに廃盤だし、ヤフオクにたまに出てるのを見かけてもやたら高い値段で取引されてたりで、そのままになっていた。

それが、最近ついに再発された(上記のアルバムへのリンクは復刻版です)。私が聴いたことのない、2枚目、3枚目のアルバムと同時に3枚同時リリースだそうだ。

25年ぶりに聴いた「イマジネイション通信」はやはり良かった。後の2枚はまだ聴けていないけれど、これも楽しみ。

今回、新たにライナーノーツが書き下ろされていて1枚目はBANANA-UG。アルバム全曲のアレンジを担当していたそうだ。もちろんKb奏者としても参加。参加メンバーを見るとWhachoがいた。2枚目、3枚目には板倉文がアレンジ、プロデュースを担当してる曲もある。MA*TOも。

TENSAWとウズマキマズウを激しく愛している今思うと、「あー、そうやったんやー」って感じ。いろんな人脈がつながってるんやなぁと、感慨深かったりする。と同時に、どうして当時それに気づかなかったんだろうとも。

#495 どくいりきけん

今月はぜんぜん書けなかったなぁ。忙しかったってのもあるけど、なんかね、書く気が起こらなかったという感じですけど。

そんな中、まきちゃんのNYCツアー友で、昨年末にやったKFAのライブに来てくれた方がやってるバンドが出るってことで、27日(日)にライブを見てきました。"COME TOGETHER"@新宿レノンハウス

ちょっと時間が経っちゃったので、既に忘却の彼方に行ってる部分もありますが、まぁ、記録として書き留めておこうかと。

16時スタートってことでそのチョイ前に到着。事前に「すごい狭いから早めに行って席を確保しといたほうがいい」ってなアドバイスもあったんで。なんか新宿2丁目の雑居ビルの地下といういかにもいかがわしげな立地。

なんとなく怪しげなドアの前で、出演者らしき人が数人たむろしている。入っていいのかどうか、ちょっと躊躇していると「あ、大丈夫ですよ」と声を掛けてくれた。思い切ってドアを開けると、うん、確かに狭いな。まだリハ中なのか、二人組がアコギと歌だけでビートルズの曲を演奏してた。なんとも非常に中途半端な空気。

お目当てバンドの方々がたまたまドアを開けたあたりにいらっしゃったので、まきちゃんともどもご挨拶。出演は19時前後とのこと。うーん、先は長い。

人、わりと居てるやん。と思ったらほとんどが出演者らしい。「出演者で席がけっこう埋まっちゃってるんですよね」って、なんじゃそりゃ。そんなもん、客優先に決まってるやろ。って軽くキレた。もちろん、口には出さない。

なんとか奥に席を作ってもらい着席。ステージ、というより演奏エリアではさっきから引き続きアコギデュオがチョロチョロとギター弾きつつ歌いつつ談笑しつつ。これはリハなのか?遊んでるのか?

そうこうしてるうちに16時を過ぎたが演奏エリアは同じ状態。やるんならさっさとやれ。遊んでるなら一旦ステージからはけろ。ライブなんだろ?ヌルすぎ。

「ちょっと混んできたんで、奥、もうちょっと詰めてくださーい。出演者は基本立ち見ってことで」とマスターから指示。当たり前や。いまさら何を。

「はーい、じゃあ、ひとつめのバンド、お願いしまーす」というマスターの掛け声でとりあえずステージは始まった。なんや、やっぱり遊んでたんや。

ということで、以下は出演者別にコメント。

1.ミートルズ

普段は千葉のほうでやってるというバンドなのかな? 今日はアコギデュオ。ギターは一本、二人で歌というS&Gスタイルでアコースティックっぽい曲をやった。ちょっとアレンジも交えつつ。ギター上手い。歌も悪くない。ハモリもきれい。歌い方がカラオケ仕様で気持ち悪い。何曲か打ち込みをバックにやったんだけど、その必要があったのかな。"HERE COMES THE SON"とかアコギだけでええやん。あえて"LADY MADONNA"なんかやらんでもええやん。大きなお世話ですが。けっこう手馴れててライブ慣れしてる感じはあったけど、それがちょっと鼻につく。

2.行志堂

次はソロでオリジナル、アコギ弾き語りの人。カントリーブルーズとかが好きだそうで、GIBSONのJ-200を抱えてブンチャ・ブンチャって感じ。70年代初頭の日本のフォークっていう雰囲気の曲、歌い方。美しいというより歌い語るタイプかな。うーん、なんか微妙。曲がイマイチな気がした。途中、ゲストってことでドラムの人が入った曲を1曲やったけど、このドラムがバタバタしててうるさい。歌もギターも聞こえない。狭いハコなんだからもうちょっとタイトにやったらどうだい? 最後にキーボードともう1人ボーカルが入って"GROW OLD WITH ME"やったけど、これもなぁ…。オリジナルを地道にやっていってくださいって感じだな。

3.Apple Crumble

女性ボーカル+Gt、Ba、DrというKFAスタイル(笑)のバンド。ビートルズのアレンジモノ中心ということで興味がわいた。歌はちょっと弱いけど、まぁ、悪くないかな。独特の声。発音が思いっきり日本語なのが笑ったが、まきちゃんに言わせるとあれは狙ってるんだそうだ。そうなの? 真偽は不明。アレンジモノといいつつそれほど大胆なものではなくて、「ちょっと変えてみました」ぐらい。""HEY BULLDOG"をすっげースローなギターのリフから始めて、おぉ、こりゃなかなかヘヴィーでカッコイイかも!って思ってたらだんだんスピードが上がっちゃってなんか普通になっちゃった。ファンキーなカッティングをメインにしたグルーヴィーな"THE WORD"ってのも良いと思った。コーラスがあったほうがもっと良いと思うけど。ドラムがねぇ…。全体として「気持ちはわかるけど、身体がついてこん」っつうか。アレンジも思いついたのはいいけど、それを詰めきってないという感じが強い。練習時間が足りなかったかなぁ…。あと一歩。

4.Big Apple Road

こちらが今回のお目当てバンド。女性ボーカル+Gt、Ba、kb、Drの5人組。基本ビートルズなんだけど、完コピ狙いではなく、かといってアレンジモノ狙いでもなく。ちょっとこの編成でハード目にやってみました、な感じでしょうか。演奏の安定感はある。ドラムの人、ボーカルの女性の息子さんらしくけっこう若いんですが、手数を押さえてかなりタイトでしっかりしたビートを出していたので、それだけでも安心感が違う。ベースは可もなく不可もなく。キーボードは職人って感じ。うん、わりと好感を持った。ギターの音がでかかった。上手いとは思うけど、明らかにバンドのアンサンブルを壊してる。歌も半分ぐらい女性と分け合ってるんだけど、たぶんこの人、もうちょっとハードな曲でバリバリギター弾きたいんだろうなぁ。アビーメドレーを"You never~"から飛び入りゲストによる"Her Majesty"までやって、これで終わりかなと思ったら"Get Back"。これで締めかと思いきや"BACK IN THE USSR"。おいおい、ちょっと長いぞと思ってたら"Sgt pepper's"からギターとオルガンのソロ回しを経て"reprise"に行って終わり。サージェントは前に見せてもらったライブのDVDでもやってたので、エンディングの定番にしているようだけど、だったら"Get Back"と"USSR"はいらないな。ちょっと引っ張りすぎ。ソロ回しはけっこう良い感じなんで惜しい。前に見たDVDよりずいぶん上手くなってるし演奏も安定しているので、継続は力なりってところだね。

全体としてはセッション大会に遊びに来たみたいな雰囲気だな。入場料=出演料=2,100円ということなので、出演者と客の区分がハッキリしてないし。最後には飛び入り大会もあったようだし。オレはさっさと帰っちゃいましたが。

知り合いもほとんどいない中、純粋に演奏を見に行ったオレとしてはかなり微妙な立場だった。あんまり「ちゃんとやる」ことを求めてはいけなかったのかもしれない。

ってなことを見ながら、あるいは帰ってきてから考えてたんですが、なんかね、どうもなぁって。

お前、何もやってないやん。やってないお前にそこまで言われたないわ。

って、言われそう。

言われる前に自分でツッコんでおきます。

もうええわ。

2007-05-01

#494 ストマンの奇跡

世の中的には黄金週間真っ只中な今日この頃。

アタシはカレンダー通りなんで5月1日,2日は当たり前に普通に仕事です。なんならやることガッツリあって大変なくらいです。イヤねぇ。

とは言え,28日から連休第1弾として3連休ではあったわけですが,金曜の午後から右足が不愉快な感じ。いやな予感。やがて痛みになり痺れも出てくる。

あぁ,来たな。例の何が。はい,いつもの"TF"ですね。

あぁ,クスリちゃんともらわなかったからだ。神様ごめんなさい。

ということで土・日は足の痛みおよび発熱とお付き合い。日曜の午後くらいから何とか歩けるようになったんで良かったけどね。今度こそちゃんと病院行こ。

今は相当ラクになってます。ちゃんと歩けるし。

これで油断しちゃうんだよな,いつも。

で,唐突ですが月曜日。思い立って横浜ストーミーマンデーの「マック清水お誕生ライブ」に行ってきました。

小川美潮メインのバンドの演奏はもちろん文句なく良かったんですが,私としては何と言っても,わが敬愛するsaybowが1曲歌ってくれたのがスペシャル!しかも1mくらいの至近距離。

感涙ですよ。

体調があまり良くないという噂を聞いてたりしたのですが,ちょっと見る限りは元気そうで少しホッとした。

終演後,挨拶しに行ったのだけど,もうシドロモドロで何を言っていいんだかわかんなくて,なんとかひねり出したのは「なべちやんと申します」,「握手してもらって良いですか?」,「頑張ってください」,以上。

それだけかよ。気の効いたことのひとつくらい言えないのかよ>オレ

あー。

TAKEも会場に来てたんだけど特に演奏には絡ます。ずっと入り口付近でタバコ吸ってビール飲んでた。帰り際,階段の踊り場に居たTAKEにも挨拶して,同じように「頑張ってください」&握手。あ,「お身体,もう大丈夫なんですか?」って聞いたら「あぁ,おかげさんで」って言ってた。「TORIIも見に行きますよ」には「是非来てください」だって。

もうちょっと何かあるだろう>オレ

あー。

なんかさ,こういうときってホント困る。何言ったらいいんだかホントわからんし。言いたいことが無いわけじゃないんだけど,なんでか引いちゃうのだ。もちろん緊張してて舞い上がってて硬くなってるってのはあるのだけど。

なんかさ,「あんまりガンガン行っちゃ迷惑かな?」とかさ,「うっとうしいって思われるんじゃないか」とかさ,なんだろ,なんかいろいろ考えちゃってね。

あー,もっと,なんか,コミュニケーションとかできればよかった。

って後悔するのもいつものことさ。素直じゃないってことだな。

でもさ,挨拶して握手できたんだからさ,それだけでもよくやったよ>今までのオレ。

もうちょっとがんばってもいいかもしれない。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »