2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #490 心象風景 | トップページ | #492 KILLERS LAST LIVE »

2007-03-12

#491 ウガーッ

やらなあかんことが目の前にあって、はてさてどっから手をつけたもんかと思っているうちに月日は流れて、どんどん締め切りは迫ってくるし、かといっていいアイデアが浮かんでいるわけでもなく、こういうときはとりあえず何でもいいから着手してみることだよなどとなんとなく経験則でわかったようなことを考えてはみるものの、そもそもなんだかカッタルイナァって気分でもあって、そんな自分をなんとかなだめすかして「ちゃんとやらないといかんじゃないか」と叱咤激励してみても、叱咤激励してる自分とされてる自分は同じ人間なんだし、元来怠け者でイイカゲンな人間でもあるわけだから、やることとやらないことが目の前に二つ並んでいれば多くの場合やらないことを選んでしまうという、いわば低きに流れるという性根の持ち主であって、今のようにだんだん切羽詰ってきて逃げ場がなくなってくるにしたがって余計に余計なことを考えてはいろんなことが余計に手につかないというか、手を付けたくない気分満々な感じに陥ってしまうということで、いやはやなんともつくづく情けない人間だなぁ俺はなどと思ってしまう今日この頃ですが、そんな今日この頃でもやっぱりギターのことを考えると少し気分が良くなってしまうのは、これはもうサガと言うかなんと言うか、俺はある意味選ばれた人間なんじゃないかと思ってみたりもして、実に良い感じで現実から逃避できるという都合のよさがあるわけだけども、だけどだからと言ってギターがあるいは音楽が自分のために何かをしてくれるわけでもなく、それによって享受できる喜びというのはある意味大きいのだけれども、それを享受するための環境を整えるとか意識するとか、そういう努力があればこそだという気もとてもして、かつ現実は現実でなんら変わらずせめて一瞬逃避してみたところで勝手に問題が解決しているはずもなく、戻ってきては「あーあ」などと溜息をついてまたイヤな気分に逆戻りで、それを抜本的に解決するのは、俺、そう、俺自身の行動しかないのだと、もう40年以上も生きているからわかっているわけで、だけど人間からだに悪い食べ物ほどおいしいということもあって、いわゆる「わかっちゃいるけどやめられない」状態になってしまっているわけだけども、そんなこと言ってる間にやることやればいいじゃんと言われれば返す言葉もございませんが、まぁ、そこはそれ、俺もいろいろやってんだよってな言い訳も微妙に用意していたりして、結局それもこれもみんな自分をごまかしているだけのことなので、いつかはしっぺ返しを食らうわけだから、それがいやならやることちゃんとやれって自分のことながら思ったりもして、もういい加減言い訳考えるのは止めにしてがんばらんといかんなぁと、心の底からやる気が満ちてくるその前にやっぱり自分を駆り立てて叱咤激励してがんばるんだ、そうだ、がんばれ、俺。

まぁ、つまり、今まで見向きもしてこなかったストラトが最近気になってしょうがなくなってきたってことだ。

ってか、よくわからないんだ、俺自身も。

でもま、それほどじゃないよ、まだ。って今は思ってる。

« #490 心象風景 | トップページ | #492 KILLERS LAST LIVE »

コメント

どもです!
「不遜なカバーバンド」、イイッすねえ(笑)

ギターかあ…なべさん、ギターマン、ですもんね~

関係アリマセンが いつかぜひ
イゾルデで競演を!!

あー、びっくりした。
違う人のブログにきちゃったかと思った。
ウガーッって、雪崩でも起きたのかと。


いっそのこと、ギターをぜぇ~んぶ売っぱらっちゃってさー、
なべちやん-ギター=?
とか考えてみちゃったりとかどぉ?


あ、拷問?


それにしても、自分に厳しいよねえ。
人のことばかり見てる人もいるけど、なべちやんはいつも自分を観察してますねえ。

あなたは一体いつ私の心を覗き見したのですか。何もわたしの葛藤をパクらなくても!
反省してください.反省したらこの文にコード進行をつけてmp3で録音してわたしに送ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/14239231

この記事へのトラックバック一覧です: #491 ウガーッ:

« #490 心象風景 | トップページ | #492 KILLERS LAST LIVE »