2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #481 KFAのイメージ | トップページ | #483 最悪の年末 »

2006-12-19

#482 ランバージャックス

ライブが終わって気が抜けたのか、ちょっとマターリな気分でございます。

KFAの次の一手もなんとなく考えたりしているものの、形になるにはもう少しかかりそうな感じ。

そんな中、ランバージャックスのライブを見に大塚ウェルカムバックに行ってきました。

このハコは以前にKFAでも出たことがあるんですが、いやぁ、久しぶりだ。「けっこう良い感じのハコじゃないの」などと改めて思ったりもして。

さて、ランバージャックス。基本的にビートルズ解散後のソロナンバーをやるバンドで、KFAからみんちやんがキーボードで、やまのくんがギターで参加しています。

このバンド、以前にセッション大会の中で見たことがあるのですが、それ以降ちゃんとしたライブで見るのは今回が初めて。しかも今回は季節柄、全曲ジョンのソロナンバーということで楽しみにしつつ、ちょっと心配もしつつ。

心配というのは、このバンド、ボーカル面がやや弱いかなぁという印象だったので、全曲ジョンとなると、ジョンの歌の「力強さ成分」がガーンと出る曲をやるんだとしたら「ちょーっとシンドイかもなぁ」などと思っていたのでした。メンバー各位の演奏面での技量は安定していてバンドとしてのまとまりもあるから、よけいに歌の弱さが目立ってしまう、みたいな。

で。

オープニングが"Grow Old With Me"。この曲をオープニングに持ってくるところもなかなか良い感じなのですが、これをメンバー全員で順にボーカルを取り合う。これが、キタね。

あとはリードボーカルを入れ替えつつ、ヨーコの"Sisters O Sisters"やジョン唯一のインスト"Beef Jerky"などマニアックな曲も含めて全10曲。

とても楽しめるライブであった。

事前の心配についてはほとんど気にならなかった。ランバーの弱点をうまーく避けつつ、それでいてジョン・レノン・ワールドをキッチリ伝える。まさに絶妙!の選曲だったと言えましょう。

こうなると他のメンバー特集も聞きたいという話もあるが、アタシとしてはメンバーひとりに特化するよりも、いろんなソロ曲を合わせて聴きたいと思うなぁ。

ある友人が「○○年の4人特集」なんてアイデアを出していたけど、これなんか面白そう。

例えば1973年にはポールが"Band On The Run"、ジョンが"Mind Games"、ジョージが"Living In The Material World"、リンゴが"Ringo"をそれぞれリリースしてるわけだ。

って、適当に'73年って書いて調べてみたんだけど、いやぁ、驚いた。凄すぎる。VIVA、'73年!

んなわけで、次回はこれでよろしく。

« #481 KFAのイメージ | トップページ | #483 最悪の年末 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/13124200

この記事へのトラックバック一覧です: #482 ランバージャックス:

« #481 KFAのイメージ | トップページ | #483 最悪の年末 »