2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #475 KFA7回目(合宿編) | トップページ | #477 KFA8回目 »

2006-11-28

#476 最近のエフェクター状況

と,そんな中。

今回の合宿にまた新しいお友達を連れて行きました。ZOOM G2くんです。ギターはヤマハSG-RRがメイン。

基本コンセプトは相変わらず「歪みはガバナー,その後にモジュレーション・空間系専用にマルチ」ということで,そのマルチにG2くんを登用したと。あとはブースターとしてBOSSのDS-2。

ガバナーのセッティング,レベルはバイパスとの音量差を見ながら調整,トーンはミドルを若干下げ,ベースとトレブルを若干上げ。歪みの量が難しくて試行錯誤中。あまり極端に歪ませたくないのだが,ゲインを下げすぎるとガッツが失せる感じ。これも12時くらいに一旦合わせて音を聞きながらつまみを微妙に動かしてます。1時くらいがおいしいかなぁ…。

DS-2のほうはガバナーの前に繋いで,モードIでレベル全開,DISTはゼロから様子見ながら微妙に上げる,TONEは様子見ながら12時から微調整。ほぼソロ時のブーストに使っていてミドルが強調されてサスティーンも稼げる。けっこう気に入ってるのだけど,キックしたときにもう一歩ガツンと来るインパクトが欲しいような気もする。今度ガバナーの後ろに繋いだ音を試してみよう。

で,G2ですが,これがけっこう気に入ってる。

もちろん2フットスイッチなので一瞬にしていろんなセッティングに飛ぶことは苦手なマシンだが,オイラ程度の使い方なら踏み替えはこの程度でも十分。並び順を工夫してやれば問題ない。

なにしろパッチを切り替えたときの音切れがほぼない。これがすばらしい。コンパクトを踏んでる感じ。

パラメータのセッティングが簡単。DIGITECH RP-50のプリセットを選ぶのも便利だが,例えば「ちょっとフェイザーのスピードを遅くしたいな」と思ったときに,つまみで微妙に調整できるのはやはり良い。ストレスが少ない。マルチ苦手なオレのレベルに降りてきてくれたという感じ。

肝心の音はやや軽いような気もするけど,アタシレベルのプレイヤーならあまり問題にならない。

とけっこう絶賛モードなのだが,まぁ,気に入ってるってことだ。

ただ,バイパスやチューナーモードに行くときのフットスイッチ同時押しがやりにくいのは,もうちょっと何とかしてほしかったが。あとチューナーの精度がやや低いように感じるのは,オレの耳が悪いのかな…。

何にせよ,今まであれやこれや試しては挫折してきたマルチエフェクターとのお付き合い,やっと普通にできそうな気持ちになっております。

しばらくはこれで行こうと思ってます。

しばらくは,ね。

« #475 KFA7回目(合宿編) | トップページ | #477 KFA8回目 »

コメント

ベース版の B2 というのがあり、試奏したことがあります。
確かに音切れがほとんどなくなっていました。やはりこうでないと。
しかし利点はその点だけなので、そのためだけに 9,000 円近く出費というのはできず、購入は見送りました。ベースの場合エフェクター使用&曲中音切り替え頻度もすごく少ないですからねー。

ちなみに廉価版の B1 は内部回路がまったく違う(過去の別系統のモデルの後継機らしい)ため、音切り替え時のギャップは解消されていませんでした。

G2,アタシはヤフオクで中古を7500円で入手しました。

ベースの場合,ジャンルにもよるだろうけど,基本になる音をしっかり作ってしまえばそれでOKみたいなところはありますね。切り替え云々よりもエフェクターとしての基本性能というか,氏素性がしっかりしているものが求められるという感じでしょうか。

B1とB2は内部回路が違うのですか。

ギター用にもG1というのがありますが,プロセッサやサンプリングレートはG2と同じで,これまでの機種よりもグレードアップしたことが売りのようなので,操作性の違いだけかと思っていましたが。

おそらくG1は505IIの後継機,G2はGFX-5やGFX-8の後継機たるG7.1utやG9.2ttの下位機種という位置づけなのではないかと思います。

そうそう、B1 も 505ナントカ系の後継みたいです。
で、B2 は上グレードの後継と。

B1 の機能が過去モデルに比べてブラッシュアップされていることは事実のようなのですが、切り替え時ギャップについてはほとんど改善されていないみたいです。
このことは広告を見ていると明らかです。B2 のほうは「切り替えギャップほとんどなくなったぜ!」と高らかに謳っているのですが、B1 のほうは切り替えギャップについては一切言及していないのです。
もし改善されているならば強調しないテはないのですが。

というか実際に試奏して、B1 には切り替えギャップがあることは確認済みなんですが(笑)。

これの上位機種のペダル付きのヤツが、USBとCubaseLEがついててオーディオ・インターフェースとしても使えるっちゅうのでちょっと気になってるんだけど、音はどうかなあ。リバーブ濃い?
KFAのライブ観て買うかどうか決めようかな(^^)

そうですねぇ,モジュレーション・空間系は,しっかりかかるという印象はありますね。その辺がややチープに感じるかもしれません。
ディレイはけっこう良いと感じてますが,リバーブは使ってないので,ようわかりません。なので,ライブ見てもらってもわからんですよ。(笑)

あと,個人的にはワウが気に入ってます。アタシのはBOSSのヴォリュームペダルを外付けしてますが,ペダル付きのやつはペダル自体がイマイチ(固い,可変域が狭い)という噂も聞きますね。

はい、僕の使用機種はそのペダル付きですが、イマニ、イマサンです。
固い、狭いというのはまさにおっしゃるとおりです。あと、「底まで踏み込むとスイッチオン/オフ」という機能があるんですが、切り替わる感覚が足にまったく伝わってこないんです。のれんに腕押し。ペダルに足押し感なし。ダメダメです。インタフェースとしてかなり低レベルだと思います。
あとそうそう、フットスイッチ2個同時押しという機構は僕もカンベンしてほしいです。使いにくい!携帯電話でよくある、ボタン長押しと同じくらい使いにくいですね。

でもマルチエフェクター好きなんだよなあ。コンパクトだから。うーん。

けんちゃん,ども。

>はい、僕の使用機種はそのペダル付きですが、イマニ、イマサンです。

楽器屋でZOOMのヤツをちょっと触ってみたけどやっぱり,ね。

私はDigitechのRP-80というの(RP-50のペダル付)を持ってて,これはペダルの踏み心地はまぁまぁでしたよ。踏み込んでONという機能はそもそもついてなかった。

でも,エフェクターボードにレイアウトしてみると,外付けにして自分の好きな位置にペダルを置けるのがけっこう重要ということがわかったので,ヤフオク送りとなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/12856871

この記事へのトラックバック一覧です: #476 最近のエフェクター状況:

« #475 KFA7回目(合宿編) | トップページ | #477 KFA8回目 »