2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006-09-29

#457 おかえり

先日,旅から戻ってきました。

はい「愛器カジノくんとSG-RRくん,それぞれリフレットとアセンブリの交換をしてもらう編」です。

カジノくん,フレットがピカピカ。当たり前か。交換してるんだから。鳴らしてみると,なんだかとてもクリアで太い音がしました。存在感がアップしたような。ネックのコンディション調整だけでこんなに違うとは。

でも逆に,例えばリアとフロントの音量差が明確になったような。リアのVOLをフルにしたときに聴感上バランスが取れると感じたのは,フロントのVOLが8.5~9くらい。フルにするとフロントがボアボア言っちゃうのだ。なんとなく,もうちょいフロントを絞ってセンターで掻き鳴らし系ってな感が良いかなと。

リアの調整もしてもらおうかと思ったけど,まぁ,ボリュームの調整は自分でやればいいし。

SG-RRくんはアセンブリを舶来モノに交換。CTSのポットとかスイッチクラフトのジャック,スイッチとか。出音は,太くてガッシリした音! すごいローが出る。迫力あるなぁ。これは歪ませてガツンと弾くのにいいな。軽いカッティングは難しいかも。いや,ちょっとローからミドルを下げてボリューム絞ってセンターポジションでならいけるか。

ということで,やっと愛器たちが我が家に勢ぞろい。ムフフ。久しぶりにムスタングも引っ張り出して弾き比べてみたりして。するとまたムスがかわいく思えたりもする。もうちょっと整備して使おうかなぁ,とかさ。

ギターは良いね。

今週末はKFA2回目のリハ。今のところSG-RRくんを連れて行く予定です。

うん,やっぱりギターは良いね。

2006-09-21

#456 KFAリハ開始

と,そんな中。

ライブに向けてのリハがスタートいたしました。

気がつけばあと3ヶ月を切っております。そんなにのんびりもしておれません。

選曲もなかなか決まらず,事前の準備もそこそこ程度で臨んだリハでしたが,既存曲と新曲をいくつか合わせてみて様子を探る。「これやる?」,「ちょっと保留かな…」的な会話もありつつも,少~しだけ方向性が見えてきた部分もあり。

スタジオの後は例によってミーティング,という名の飲み。連休末日ということでKFAにしては非常におとなしい飲みとなりました。大人になったのか,老けたのか…。主に選曲についてああじゃこうじゃ。こちらもそれなりの成果があったかな。

今回はかなり盛りだくさんな感じになりそうです。

まだまだスタートラインに立ったばかり,しかも残された時間は有限という状況ではありますが,何とか形にしていきたいと思っております。

続報を待て!

2006-09-19

#455 Heart of the Country

3連休の先週末,ちょいとヤボ用で超久しぶりに地元に帰りました。

大阪には仕事で何度も出張してたんやけど,ここ何年かはトンとその機会もなくなり。去年の年末には,TENSAWのライブで,これまた超久しぶりに神戸に足を踏み入れた。

オイラの地元は大阪と神戸に挟まれたベッドタウンなので,意志を持って臨まないとなかなか帰れない。いや,実家にご無沙汰しすぎてる親不孝という指摘は正しいですが…。

今回は市内で唯一と思われるシティホテルに宿泊した。町のイメージにそぐわない感満載の高層ホテル。きれいにしてあるし,スタッフのホスピタリティにも特に不満はないのだけど,ちょっとすすけた感じがするのが残念。って言うか逆にそのほうが似合っているのかもしれないが。

「夜景をお楽しみください」という,これまた町のイメージにそぐわない誘い文句が館内案内に踊ってる。部屋は15階だったので「どれどれ」とばかりに外を見てみると,確かにきれいだった。

すぐ下は国道,目の前には最近の駅前再開発で出来たんだろう高層マンション,その向こうに高速の黄色いランプが左右に走ってて,さらにその向こうの工場エリアがわずかに見える。

と,なんだか泣けてきた。

何なんだ,この感覚は? 別にこれといって何でもないこの町のこの風景じゃないか。若かりし頃,夜中にあの高速走ったなぁ,とかさ。そういうどうでもいい記憶が妙に生々しく蘇ってきたというわけだ。

居ても立ってもいられず,夜中の町に徘徊に出かけた。

小学生の頃に大好きだったラーメン屋が入ってる専門店街があった。もちろん今は営業時間外やけど,中に入ったらあの店はまだあるんやろうか?

親によく連れて来てもらった中華料理屋はなくなってパチンコ屋になってた。グルグル回るテーブルが大好きやったなぁ。

高校のときによく使ってた楽器屋はまだ営業してる様子。自転車でギター抱えてここのスタジオまでバンドの練習に来たもんや。

その楽器屋の前に,タバコやらパンやらお菓子やらを売ってたり,店先でコロッケやメンチカツを揚げてたりもする小さな店があったんやけど,そこがまだ残っていたのには驚いた。練習が終わった後メンバー全員でよくコロッケを買って食べたなぁ。

パチンコ屋とか漫画喫茶とか風俗とか,そんな店がすごく増えていた。

立ちんぼの女性がやたら多くて,角を曲がるごとに声をかけてくる。そこここでネゴシエーションが行われている。

酔っぱらってまっすぐ歩けないおっさん,意味もなくニヤニヤしながらフラフラしてるおっさん。せっかくきれいに再開発された駅前なのに,その辺で寝転がってるおっさん多数。若者もまぁまぁいるけど,それほど多くはない。

池袋や歌舞伎町や渋谷で同じ光景を見たら「怖いな」とか「近づかないようにしよう」とか思うってしまうものなのに,この町ではなぜかそんな気持ちにならない。平気でうろうろしているオイラ。

公害とガラが悪いので有名な,どうでもいい町なんやけど,やっぱりこの町がオイラの故郷なのかな。

ってなことで,ちょっとセンチメンタルな夜。リクエストは,季節外れですが"チキンライス"で。

2006-09-08

#454 再会感激祭

言わずと知れた"米米CLUB"の再結成ツアー。首都圏はさいたまスーパーアリーナで2公演,横浜アリーナで2公演。

米米はいつもひとつのツアーで2パターンのメニューを用意する。セットも別,衣装も別,セットリストも別。今回は"マエノマツリ編"と"アトノマツリ編"。

これはホントにすごいことだと思うわ。オレとしては,そのすごさを体感するのも今回の目的のひとつ。後追いの私としては,相当楽しみとなっております。

いずれも一応チケットはゲット済み。

のはずだったのが,横浜で追加公演が決定。しかもこの追加公演,"マエ"が米米CLUBデビュー20周年記念日,"アト"が今回のツアーファイナル。おいおい,チケット取って安心してたのに。

で,このツアーファイナル"アトノマツリ"のチケットが未入手なのだ。米米CLUB21年目に突入する日でもあり,なんかサプライズも用意されてる可能性もある。

これまでいろんな先行予約だのなんだのに応募してきたわけですが,この最後のチケットだけが取れない。イライラする。

一方で3ヶ月連続の新曲ラッシュも追いかけ中だし,テレビ出演も録画保存。

オレ,いつの間にこんなにファンになってしまったんだろう…?

ってか,たぶん侮ってただけですね。

#453 ウズマキマズウ

最近,ライブをよく見てる。

チャクラの存在自体は,リアルタイムでは「まぁ,知ってた」程度。ちょっとアジアンな風情がオレの趣味とは少し違うなという感じだったので,ぜんぜんちゃんと聴いてなかった。

みんちやんに"4 to 3 pictures"をダビってもらったりして,その流れで"ウズマキマズウ"のライブを初めて見に行ったのは果たしていつだったか。

ここんとこ,小川美潮の歌声をジロキチとかで身近に聴けるシアワセに,改めてヤラレてます。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »