2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006-08-18

#452 完結しないらしい

これで一旦完結かと思われたTENSAW最終章。

横浜はあくまで最終章の幕開け3部作の完結に過ぎなかった,らしい。

次回は10月8日(日),場所は横浜のライブハウス7th Avenue

"JOHN ENTWISTLE TRIBUTE NIGHT vol.5"というお題目の下,オールナイトのDJ&ライブイベントに出演とのこと。出演はTENSAWのほかにVOODOO HAWAIIANS,S.M.F.,THE BRICK'S TONE。DJは鳥井賀句

出演者やお題目に興味はある。Voodoo Hawaiiansは1度見てみたい。けどさ,日曜の夜にオール? それはさすがにきつい。TENSAWはメインアクトだろうから出演は明け方? いやぁ,さすがにこれは…。

どうなのよ。

なんかさ,オレたちを試してないか? 「さぁ,こんどはこれだよ。ここまでこれるかな?」ってさ。

いや,ちょっと,勘弁してくださいよ,ミチアキさん。

ホントに。

#451 これで完結?

ギリギリまで迷っていましたが,結局我慢できず行ってきました。TENSAW@横浜赤レンガ倉庫。日ノ出町のライブハウスGUPPYの35周年記念ライブイベントの大トリでした。

会場に入ったのは20時20分くらいかな,ちょうどカルメン・マキが演ってる最中。

彼女のステージは初めて見たんですが,今回はキーボード(ピアノ),ウッドベース,パーカッション,サックスという編成で,非常にジャジーなサウンド。ちょっとフリーな感じの曲があって,そこにボーカルが絡んでいくとなんと「時には母のない子のように」だった。英語で"Sometimes I feel like a motherless child"とか叫んでた。迫力あるボーカルの存在感がすごい。けっこうドロッとした,オールドロックな感じなんだけど美しさも兼ね備えていて,見た目の豪快さとは裏腹に声が荒れてないのが良かった。でも,やっぱりロックなカルメン・マキが聴きたかったという不満もちょっと残るな。

カルメン・マキの時は,ステージ真正面の前から5人目ぐらいのところで見てたんやけど,彼女のステージ終了後,ずいずいっと前のほうに進み出たら,なんとなく3列目ぐらいのポジションが確保できた。しかもオレの前の人たちはけっこう小柄な女の人で視界は良好。さらに周りの人も小柄な人に配慮して「あ,ここいいですよ」「ホントですか? ありがとうございます」とかって譲り合ったりして,なんともいい感じ。

さて肝心のTENSAWですが,ライブのほうは時間にして1時間ちょいくらい。イベントの中での出番なのでオープニングのSEもあっさり味だし,その後の恒例JAMも短めでさくっと1曲目に突入。

神戸,新宿ともに"Talking Words"でしたが,今回はなんと"Duck Joe"。これは燃えたね。

ステージも広めだったからか,SAYBOWもミチアキもよく動く。SAYBOW,ライブのたびに体調悪かったけど今回は元気そうに見えた。いい顔してる。

最初,SAYBOWが,観客が突き上げる拳や立てた指なんかに対して,撃たれた!みたいなアクションや身をかがめて避けるみたいな動きをしていて,これは「おめーら,ホントにやるな」って感じだったのかもしれないのだが,だんだんテンションが上がってきて,後半は逆に胸を張って「もっと来いよ」みたいな雰囲気に変わっていったのが印象的だった。

個人的には,前回バカップルのおかげで乗り切れなかった"Empty Time"のリフレインに参加できたのがうれしい。ちょっとぐっと来た。あと,SENSATIONでは当然ジャンプ!

GUPPYマスターのトンベさんが大ハシャギ。SAYBOWの前のモニターを客に向けて煽ったり,SAYBOWやミチアキに抱きついたり。ライブ中はずっと踊ってたし。自分の店の35周年ライブでけっこう客も集まってたし,そりゃ当たり前か。うれしかったんでしょうな。

仕事帰りのスーツ姿は見渡す限りオレだけ。最後はもうヘトヘトの汗ドロドロのフラフラ。この姿で電車乗って帰ったので,周囲の人からはよほど疲れたサラリーマンだと思われたに違いない。

セットリストは以下。

1.Duck Joe
2.Japanese Disco
3.SHOGYO MUSIC
4.SHINING STAR
5.GIVE ME LOVE
6.Yokohama Friday Night
7.Empty Time
8.WINDOW
9.SENSATION

アンコールはなし。最後はトンベさんのスピーチで締め。

神戸から始まったTENSAW最終章,三部作はこれで一旦完結,なのかな?

ライブは一期一会。行っといて良かったわ…。

2006-08-17

#450 癒しの旅

昨日,愛器カジノくんとヤマハSG-RRくんがともに癒しの旅に出られました。

SG-RRくんは,チューニングに問題があったので以前にナット交換してもらったのですが,今回さらなるグレードアップを目指して配線・ポット・ジャックの交換をしてもらいます。ビンテージっぽい太いサウンドを狙ったものです。

カジノくんは買ってから10年ほど経つのですが,その間なんのお手入れもすることなく酷使したりほったらかしにしたりという悪行をくりかえしてきたので,今回全体に悪いところを見てもらおうということで持ち込んだのでした。

そのカジノくん,やはりこれまでの使い方が悪かったのか,フレットの浮きがあったり全体にサビや汚れも見られるとのことで,いっそのことリフレットしては?とお勧めされ,この際なのでやってもらうことにしました。指盤面のクリーニングとナット溝の調整も合わせて。

ネックのコンディションが悪いので音に粘りが出てこないというご指摘。今回メンテしてみてサウンドの違いを確認してみましょうとのこと。そんなにひどかったのね。ゴメンよ,カジノくん。って言うか,そんな状態なのに気もつかずにそのまま弾いてたんかい>オレ。

SG-RRくんは1~2週間,カジノくんは3~4週間の旅となるそうです。

再会が待ち遠しいのことよ。

2006-08-14

#449 夏期休暇

休んでおります。束の間の休息。

ちょっと山中湖の方に行ってきたのですが,天気が悪くて,楽しみにしていた満天の星空も富士山の雄姿もまったく見ることが出来ませんでした。残念。

あとはDVD見たり,PCいじったり,テレビ見たりしてます。

呑気なもんだね。

夏休み明けにはいろんなことがオフィスで待ってるということ,今しばらく放置しておきたい。

17日のTENSAW@横浜,まだ迷ってるんですけど…。

2006-08-11

#448 ついにやります

えっと,決まりました。

2006年12月9日(土)の午後。

高円寺のライブハウスJIROKICHI

KFA,3年9ヶ月ぶりのライブです。

おれはやるぜおれはやるぜおれはやるぜおれはやるぜおれはやるぜおれはやるぜおれはやるぜおれはやるぜおれはやるぜおれはやるぜ。

みんな,見に来てな…。

頼むで。

2006-08-02

#447 LOFT LIVE LINE

新宿ロフトと下北シェルターでのいろんなミュージシャンのライブの一部が動画配信されるサイトがありまして。LOFT LIVE LINEという。

TENSAWの新宿ロフトでのライブがラインナップされました! パチパチパチ!

カメラけっこうたくさん入ってるなと思っていたらこういうことだったのか。

Talking Words
Spectro Meter
Dobuita st.

の3曲だけなので,ファンとしては物足りなさ満載なのですが,あの興奮が蘇るのもまた確か。有料ですけど月額399円で見放題なので,TENSAWファンは必ず登録して見ること。

っちゅうか,こういうのあるならDVDも出してくれよ。絶対買うんだからさ。

あー,でも,こういうの見てるとライブへの想いが高まるなぁ。

次のライブ@横浜赤レンガは8月17日(木)

夏休み明けた初日やん。でも,見たいのはカルメン・マキとTENSAWだけなので仕事終わってからでも十分行ける。昼からやってるフェスティバル形式なので,どうせいい場所取れないのは覚悟の上だし。メジャーどころは出てないから売り切れなんてありえないだろうし。うーん,行きたい気分がジョジョビジョバ~。

#446 8月なのに涼しいな

異常気象なんでしょうか。それともこれからちゃんと暑くなるのでしょうか。いや,暑いのは苦手なので涼しいのは歓迎なんですけど,夏はやっぱり暑くないといろいろ不具合もあろうかと。

来週の後半から夏休みなんですけど,なんかそれに向けて一気に仕事が山積み。休み前って納期ラッシュになりますね。かつ極秘仕事第2弾もやってきた。けっこうつらい。

しかも夏休み直前は会社の研修で丸二日研修所に缶詰。諸事情あるんだろうけどさ,いったいどういう感性でこの日程を組んだのか,総務人事担当に問いたい。

アホか。

あ,いかん,毒を吐いてしまった。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »