2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #412 キャラメル関連本 | トップページ | #414 ちょっと沈静化 »

2006-02-23

#413 YAMAHA SGの逆襲

"逆襲"ってなんだよ。今まで攻められてたのかよ。これから反撃するのかよ…。

恒例となってまいりましたギター談義,今日はYAMAHAのSGです。

YAMAHAのSGって,どうしても"TAKANAKA"ってイメージが強くないですか? 今のご本人の公式サイトのトップページではストラト弾いておられますが。あとは仏陀インレイ入りのSANTANAか。こちらもいまはPRSだけど。YAMAHAの人自身,「SGというとフュージョン向けギターという印象がある」と語っているのを見たこともあり,まぁ,それなりにそういう認識なんだろうね。

オレの場合,YAMAHA SGといえば,高校のときに一緒にバンドを組んでた藤巻くんが持ってたブラウンサンバーストのSG-1000を思い出す。

オレと藤巻くんが二人で,先輩がやってたオフコースのコピバンのライブにトラで出たとき,オレが"Save The Love",彼が「愛を止めないで」を演ったんだが,オレが"Save The Love"のギターソロの時に弦を切ってしまった。そのとき藤巻くんがとっさに差し出してくれたのが彼のSG。そいつを借りて何とかその場を凌いだのだ。いや,いいヤツだった。

でも,そのときのオレは,自分のギターの弦が突然切れてしまったことに動揺している上に,いきなり他人のギターをライブで弾くなんてことに慣れておらず,せっかく貸してくれたSGに対して,その重さだったり抱えた感じだったりネックグリップだったりに猛烈に違和感を感じて「うわー,弾きにく~」と内心文句タラタラだったのだ。

しかもギターのトーンがかなり甘めにセットされているように感じ,比較的ブライトでアタッキーなサウンドを好みとしていたオレは,必死でギターのトーンとボリュームをフル10にしようとしたものの大きな改善は得られず,「クソッ,なんでこんな音やねん」と,実に罰当たりな心持ちでいたのでございます。

と,まぁ,そんな青春の1ページを思い出すわけで,この思い出から「SG=イマイチ」という認識を強く植えつけられてしまった。

さてそこで。

先日来,ギター欲しい病に悩まされるオレ,「王道レスポール」に対する思いを先日語りましたが,ふとここでYAMAHAのSGのことを思い出すのであります。

同じSGという名前とはいえ,YAMAHAは,GIBSONのSGとはまったく異なる,レスポールを単純にダブルカッタウェイにしただけみたいな独特のシェイプが特徴的。ボディ厚も十分,その分重さも十分,と言うように,GIBSON SGよりもストレートにレスポールの特徴を受け継いでいる。

これが,妙にオレの心をくすぐり始めた。「実は,カッコエエんちゃう?」と。

イースタン・ユースというバンドがあって,オレはそんなに真剣に聴いてるわけではなくて,たまにテレビとかで新曲が出たらPVが流れてたりするのを見るくらいなんだけど,このバンド引っかかるなぁと思っていたところ,そこのギタリストである吉野寿という人がブラウンサンバーストのSG-1000(藤巻くんのと同じだ)を使ってて,これが妙にかっこいいんだよね。ちょっと高めの位置に抱えてさ。

YAMAHAってレスポールやストラトのコピーモデルを作ったりもしてたけど,他の国産ギターに比べて圧倒的にオリジナルモデルの比重が高いように感じる。もちろんグレコのGOシリーズやBOOGIE,ARIA ProIIのPEシリーズのような有名な例もあるけれど,YAMAHAはほぼ一貫してオリジナルモデルの製造に取り組んできているという印象が強い。

そんなYAMAHAギターの中でも,デビュー以来ずっと製造され続けているのがSGというモデルなわけだ。その意味では国産ギターの王道と位置付けられてもいいくらいのギターなんだけど,国産ゆえかフュージョンギターという印象ゆえか,ロックファンからはイマイチな評価しか得られていないみたい。

そんなSGが,最近マイナーチェンジしたらしい。量産と言うよりはYAMAHAのカスタムショップ的な位置づけになったんだと。パシフィカのカスタムオーダーなんかを請けるヤマハクラフトアカデミーというところがガッチリ作っていくのだそう。基本的なスペックは変わってないみたいだけど,なんでも出荷前にボディにギター特有の振動を与えることで「鳴り」を促進するという"Initial Response Acceleration(IRA)"という工程が加わったそうだ。

具体的にどうやって振動を与えて「鳴り」を促すのかは定かではないし,なんだか子供だましな気がしないでもないが,なんか楽しいじゃない。ギターマニアの実験みたいで。けっこうYAMAHA,好印象。

俄然,興味が湧いてきたことであるよ。

« #412 キャラメル関連本 | トップページ | #414 ちょっと沈静化 »

コメント

SGは、高中とサンタナ以外で目につくのは、レゲエとかアフリカのバンド。なんでか第三世界の人は、ヤマハやアリアなんかの80年代日本オリジナルモデルを使ってる人が多いんだよね。何故だろう。
ちなみに中国のカメラ市場ではリコーがかなりの割合を占めているらしい。

そういえば,ボブ・マーリーもSG使ってる写真あるね。

日本だとロング・サスティーンが売り物みたいな感じだけど,けっこうカッティング系の人に人気あるような気がする。

サード・ワールドへの浸透は,偉大なる日本商社のパワーなのかもしれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/8876726

この記事へのトラックバック一覧です: #413 YAMAHA SGの逆襲:

« #412 キャラメル関連本 | トップページ | #414 ちょっと沈静化 »