2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005-08-29

#378 演奏中の飲食

思い出話ついでに,前回のケイル&スペディング(いま命名)の続き。

ジョン・ケイルは,1曲だけ前に出てきてアコギを抱えて歌ってたけど,あとは全部ピアノの前に座ったまま。ピアノって言ってもYAMAHAのCP-80だったんですけど。って,この辺が時代を感じさせますが。

で,そのCPの上にマグカップがずらっと並んでたわけです。多分5~6個くらい。で,1曲歌うたびにそのカップ取り上げて,グイッっと飲んではまた次の曲を始める。それの繰り返しでした。

「あれはきっとアルコールなんかが入ってるのかなぁ,それにしてもなんでマグカップなんだ?」などと,オレは想像をたくましくしていたのですが,ステージが始まって1時間経たないくらいですべてのカップの中身を飲み干してしまったのでした。ジョン・ケイルは空のマグカップを掲げて,バーの奥に居るバーテンのあんちゃんにこう言いました。

"hot water, please"

お湯だったのね。 しかも飲み方がけっこうグイグイ行ってたんで,たぶんぬるま湯くらいの温度の。

あぁ,彼はボーカリストなんだねぇ。喉をいたわりつつ潤しつつ歌ってたんだろう。そんな汗かいてる感じでもなかったから,水分補給ってことじゃなく。

して,ふと横を見ると,こちらは演奏の合間ごとに,おそらくウィスキーと思われる液体をワンショットグラスで何杯も流し込んでいるクリス・スペディング。ひと口で飲むたびに,いかにも「キクーッ,胃の腑に染みるぜっ!」みたいな顔して大きく息を吐いておりました。

演奏が進むに連れて,クリスの顔は明らかに赤くてモロ酔っ払いのそれになっていくのだけど,演奏がよれてしまうことはない。むしろ最初は少し探ってる様子だったのがドンドンリラックスしていく感じで,表情も豊かになっていったのでした。

あれは酒のチカラなのか,それとも音楽のチカラだったのか…。

あぁ,曲は全然覚えてないのに,なんでこんなことを鮮明に覚えているのだろう,オレは。

2005-08-26

#377 唐突ですが21年前

初めてNYCに行ったとき。

1ヶ月ぐらいブラブラしてたんですが,ある夜,とあるライブハウスに行きました。

店の名前も場所も,もはや私のメモリーからは完全に消去されてしまったんですが,そこで見たのがジョン・ケイルクリス・スペディングのユニット。って言うか,まぁ,ジョン・ケイルのソロのバックで,クリス・スペディングがギター弾いてるって感じでしたが。

ヴェルヴェッツのファンでもなく,ジョン・ケイルの名前も(そのときは)知らなかった私が,なぜそのショーを見に行ったのか。たぶんクリス・スペディングが見たかったんだろう。「ギター・ジャンボリー」で有名なギタリストでしたし。(ちなみにこの翌週,クリス・スペディング・バンドのライブも見たのだけど,そこでは「ギター・ジャンボリー」演ってました)

ただ,事前の予備知識はそれくらい。なので,実際に演奏が始まっても知ってる曲などあるわけない。

で,これがね,メチャクチャすばらしかったんですよ。曲とかはぜんぜん覚えてないけど,ジョン・ケイルがピアノを弾きながらわりと陰のある感じの曲を弾き語るんですが,これにクリス・スペディングのレスポール・ジュニアからはじき出されるナチュラルトーンが絡んで,かっこいいことこの上なかったのよ。声もすごく届く感じだし,ギターもすごい歌ってて,アタシはめちゃくちゃ打ちのめされてしまったのでした。

こういうピアノ+ギター(しかもレスポール・ジュニアってのがしびれる)+歌みたいなシンプルなユニットって,今でもなんだかすごい憧れがあって,そのベースには,このときの二人のライブが頭の中にあるんだよね。

具体的な曲とか音をまったく覚えてないのに,イメージだけが強烈に刷り込まれてしまったのだな。

でも,これって,レコードやCDとかで聴けるもんではなくて,たまに二人で演るライブでないと聴けないんだよね~。

と,ちょっと思い出話風味もまた良しってことで。

2005-08-23

#376 音楽って

私の日常生活における音楽の占める比重と言うか,位置付けと言うか。

あんまり高くないです。

音楽が無いと死んでしまう的なことを言う人がたまにいますが,私はたぶん死にません。普段音楽なんてぜんぜん聴かないもんね。

でも,自分が何してるときが一番気持ち良いかと言うと,バンドでギター弾いたり歌ったりしてるとき。これは間違いない。

ただ,これはたぶんオレにそういうことが出来る能力がちょっとあったりするからであって,もし別の才能があったらそっちのほうが気持ち良かったりするんじゃないかとも思う。

思うに,"音楽"っていうより"ライブであること"が重要だったりするんじゃないかという気がしてる。そんなに見れてないけど,芝居がけっこう好きなのもその辺だろう。

家でCDいろいろ聴くより,ホントはライブを山ほどたくさん見たい感じ。何ならライブハウスに住みたいくらい。

で,たぶん見てるとやりたくなってきて…。

みたいな。

2005-08-22

#375 あ,そうそうそれから

胃腸の調子は,只今7合目くらいでしょうか。少しずつ回復には向かっている模様ですが,もうちょっとって感じです。

痛みはほぼ消えたんですが,消化不良がまだ少し残ってると。なので,ドカ食いや冷たいもののイッキ飲みなどは控えております。あと寝るときには腹巻きを使用しております。これがなかなか効果アリ。

そう言えば,飲み食いできる量が劇的に減少しています。一体どうした?ってくらい。

これはこれでちょっと心配です。

と,念のため報告。

#374 また泣いてしまった

この週末,"スペーストラベラーズ"をまたまた借りてきて見ました。いい加減,買えと。

で,またもや号泣。

もうね,ダメなんです。この映画。今回はお決まりのラスト30分だけではなく,オープニングのばかばかしい会話の時点でウルウルしてしまいました。もちろんラストはダダ泣き。

金城武安藤政信池内博之の3人が演じる強盗団が,もうめちゃくちゃバカで無邪気で無垢で,でもなんかすげー必死で,そんな姿を見てるともう涙が湧いて出てくるのだ。何がそんなにバカで無邪気で無垢なのかが聞きたい場合は,また今度呑みながら話しましょう。

最後の最後のシーンは「ふかっちゃんの涙に寄りかかった演出」とかつて私の友だちに一蹴されたものだが,いえいえ,良いんです。ふかっちゃんの涙が美しいのです。

さて,そんなふかっちゃんですが,月曜夜9時,フジテレビ系で絶賛放送中の"SLOW DANCE"に,これまた絶賛主演中。

このドラマ,"恋ノチカラ"は既にしのぎ,ワタシ的bestである"彼女たちの時代"に迫る勢いです。

何と言っても妻夫木くんとの会話がすばらしい。堤慎一よりフレッシュだし。登場人物の誰もが,なんだか微妙に中途半端なのもリアリティがある。

基本的にドラマをリアルタイムで見るという習慣はなかったのですが,みんちやんにお安く譲っていただいたHDDレコーダーの恩恵をフルに使って,きっちり録画して毎週楽しんでおります。

ここんとこちょっと唐突な展開を見せつつあるのですが,それもまた許しちゃうくらい大きな心でドラマの行く末を見守っているという状況です。

やっぱり良いわ~。

今週放送の"僕らの音楽"にふかっちゃん登場。福山雅治との対談だそうです。福山は"SLOE DANCE"の主題歌を歌ってるのでそのつながりと思われるが,二人に必然性はなさそう。

ちなみに福山って,なんであんなにシャウトが心に響かないのだろう…。

それは,まぁ,いい。

ふかっちゃん,最近バラエティによく出てるのだが,なかなか魅力が出切ってないのだよなぁ。こないだの「食わず嫌い王選手権」はまぁまぁでしたが…。

期待と不安。

2005-08-18

#373 職場復帰

一週間の夏期休暇を終え,本日より職場復帰であります。相変わらずお腹はゴロゴロですが。いや,ちょっとだけマシになったかな。

昨日は近所の病院に行ってお薬をもらってきました。痛み止めやら下痢止めやら整腸剤やらたくさん。

夜は近所の中華屋で貝柱入り中華粥をいただきました。ビールはがまんしようと思ったんですが,意思が弱くて生小を飲んでしまいました。

クスリが効いているのか,下痢はけっこう止まってきました。

でもなぁ,全然快調な感じなし。あんまり食欲ないし。

なんか,胃腸の調子が悪くて飲み食いできないというのは,とっても苦痛だな。

2005-08-16

#372 あー夏休み

夏期休暇中です。

休み前に壊した胃腸は未だ快復せず。痛みや不快感はやや治まったものの,下痢が続いており一日中身体の中で「きゅるきゅるーっ」という音が鳴っております。

こういうときは温かくて柔らかいものを食べて,身体を冷やさず,養生しているのが良いのでしょうが,なかなかそうも参りませぬ。

なんせ暑いしね。喉も渇くしね。

結局,冷房の効いた部屋で水をがぶ飲みしたりして。

さらに昨夜は我慢できずに博多ラーメンに挑戦!

まずは軽くビール&餃子。続いて麺,トッピングはネギ,チャーシュー,ノリ,味玉,辛し高菜。ま,いわゆる全部乗せ的な。さらに替え玉。明太子ご飯は我慢したけど…。

これじゃ身体に良いわけないよ。

分かっちゃいるけどやめられない。

地震,こっちもずいぶん揺れたね。

東北の方,帰省中の知り合いとかは大丈夫かな…・

2005-08-09

#371 胃ぃと目ぇ

えと,胃のほうですが,昨日もらった薬が効いてきたのか,ちょーっと落ち着きを見せています。まだちょっと気持ち悪い感じはあるものの,痛みとか居ても立ってもいられない度はずいぶん減少しました。

が,食欲がなかなか増進しません。昼はとりあえず,飲むヨーグルトとサンドイッチとゼリー。口当たりの良いものばっかりですな。

とは言え口のほうは元気なもんで,昨夜も唐揚げ食ったりピザ食ったりして胃に怒られたし,今も「うぉー,博多とんこつラーメン食いてーっ!」とか「天一行きてーっ!」とか「カレーうどん食いてーっ!」とか思ってるわけで。なぜか麺類ばっかりですが。

ま,そんなことが思い浮かぶ程度には元気だということですかね。

一方で,最近は疲れ目が酷い。

もうね,モニター見てると目の奥がシクシクと痛み始めるんやもん。しばらく目つぶってると涙がじゅわーって湧いて出て天然目薬状態。それで潤わしてからまた仕事復帰を繰り返す。

こないだせっかく目薬買ったのに,二日続けて家に忘れてしまった。辛いんでもう一個買ってもいいんだが,なんかさ,ちょっと悔しいじゃない。そんなにたくさん使うもんでも無し。

で,なんか妙に我慢しながら日中を過ごしております。

って,こんなもん書いてる暇があったら目を休ませろと。

いやいや,ココロに癒しは必要ですから。

2005-08-08

#370 胃が

どうにもこうにも痛い,っつうか気持ちが悪い。

あぁ,昨夜バクバクと一箱食べきったマカデミアナッツチョコが悪かったのか。明らかにあの後,胸焼けっぽくて気分良くなかったもの。

我慢できずに病院へ駆け込んだ。

熱測ってみたら微熱もあるし,どうやら風邪がお腹に来たらしい。そう言えばちょっと寒気もする。

とりあえずの胃薬と整腸剤をもらって帰ってきた。

あぁ,気持ち悪い~。

#369 おとうさん

超激忙を越えて,やっと普通に忙しいといえるくらいに落ち着いた今日この頃。先週の土曜日には,近所で毎年恒例の花火大会がありました。

実はこの花火大会,自宅のベランダから余裕で見えるんですよねー。なので,人ごみとはまったく無縁。ビールかなんか飲みながらのんびりと見ておりました。

とは言え,正直申し上げて,花火ってあんまり興味が無くて。まぁ,そりゃ見ればキレイだなくらいは思いますけどね,ええ。

でね,本題は花火ではなくて。

花火ということで自宅近辺には,焼きそばだの餃子だのビールだのと,即席テイクアウト店が乱立しておるのですよ。

扱ってる商品に大きな差はなく,価格にも大きな差が無いということで,彼らとしてはどうやって自店で購入してもらうかというと,そこはもう客引きしかないわけです。大声張り上げて「いらはい,いらはい」とやってるわけ。

そんな中,アタシはちょいと近所のコンビニに買い物に出向いたのですよ。で,まぁ,ちょこちょこって買い物して家路を急いでたと。

すると,です。

自宅近くの交差点でドラム缶を半分に切ったものに水と氷を入れてビールやジュースを売ってたお兄ちゃんが,アタシに向かって発した言葉。

「あ,そこのお父さんもどうですか?」

一瞬,言葉を失いました。

「お父さん?」

オレには子供はいないし,ましてや君のお父さんでもない。君に気安く「お父さん」なんて呼びかけられる筋合いはないのだよ。

だがしかし。

よくよく考えてみれば,世間水準というものはそういうものであって,いくら本人がどうこう言おうが,アタシが小汚い地元ルックでコンビニ袋なぞをぶら下げてブラブラと歩いておれば,まごうことなき「お父さん」なのであろう。

そう言えば最近,白髪がずいぶんと増えてきたし。お腹はポッコリ出てるし。

現実は冷酷である。

2005-08-01

#368 やっとこさ

えーっと,前回とってもテンパッた状態でお届けしたblogでしたが,その後のオレのがんばりで何とかウェイヴのピークは越えたようです。

いやぁ,7月はホント,辛かったわー。

出勤簿見てみたら,結構休日出勤もしたし,仕事持って帰って家で朝までやったりとかね。

いや,やったよ,オレ。

明けない夜は無いと言うか,止まない雨は無いと言うか,仕事はいつか終わるってことよ。

いや,やったよ,オレ。

自分を誉めてやりたいね。

だって誰も誉めてくれないんだもの。ってか,「その程度で何をやった気になっとるんだ? あーっ?」的感想をお持ちの方も,きっといらっしゃるのでしょう。

まぁね,そう言われてしまうと身も蓋もないと言うかね。でもさ,こう,ちょっとくらいはね,こんな気分になってもいいんじゃないのと。

一瞬だけでも,日ごろのダメさ加減は棚の上。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »