2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005-05-31

#354 結婚パーティー,お疲れちゃーん

今月も今日で終わり,明日から6月ということで,いわゆる衣替えじゃないですか。ワタシはこういうところ妙に律儀なので,いよいよ明日から夏系のスーツに着替えます。

ここんとこちょっと肌寒いような,それでいてムシムシするような日が続いていますが,梅雨が近いのですかねぇ。梅雨は一年でもっとも苦手な季節。ヤだけど,それはそれで日本に四季がある喜びでもあるので,そいつを享受したいもんです。

先日からちょこちょこ書いてました友達の結婚パーティーが,先週の土曜日に執り行われました。

アタシは式から参列させていただいたので,ブラックスーツに白ネクタイという典型的な結婚式お呼ばれルックでした。こういうスタイルはそんなに頻繁にはしないので,たまに着るとサイズが合わないとか,そういう危険があるんですが,今回ちとヤバゲでした。ジャケットのお腹のあたりが若干張り気味。お腹が出たということですね。もうボタンは留められません。あちゃー…。

そんなことはいいんです。

式の方はすっごいこじんまりした,何て言うのかね,結婚式屋さんみたいなところで,親族と友人全部で20人弱くらい?のごくごく内輪という感じでしたが,手作り感満載でとても温かい雰囲気でした。なんかちょっとウルウル。

本番の演奏は大成功! と自分で言い切ってしまおう。いや,細かいことはね,イロイロあるさ。でも,新郎新婦の笑顔はオレたちの成果。良かった良かった。

これまで,何度かこういう場面で演奏してきたけど,今回が一番テンションも高く出来も良かった気がする。いや,これまでの人たちが悪かったというわけではないよ。ただね,何だろう,今回はすごく「やった~」感が強いのだ。本番までのプロセスにいろいろ何やかんやがあったからかな。

本番はマジックって言うか,もうミラクルって感じだったね。途中,何回も泣きそうになったもん。演りながら。こんなのはじめて。加齢による涙腺の磨耗が原因か…?

いずれにせよ,こういうマジックがあるから他人とのコラボレーションは楽しい。今回のプロジェクト,総勢で20人ぐらいが入れ代わり立ち代わりしてたんだが,全体としてはバンドのグルーヴがビシバシ出てるわけですよ。あぁ,やっぱバンドだねぇ。と,いつもの話になっちゃうけどさ。

あの時,胸が熱くなったのはたしか。それはなぜか? 音楽のマジックか人間のチカラか…。そのどちらもがあるのがバンドなんだよな。

2005-05-19

#353 ケミストリー

またまた久しぶりの更新。どうもアイダが空いてイカンね。ちょっと更新しようという気力も萎え気味やし。

仕事の方は,実は去年みたいなとんでもない状態には落ち込まず,なんとなく淡々と進んでおります。いや,本当は進めてないのもたくさんあるので,それのツケをいつ払うのかってことですが。

なんだか,やる気がないとか何とか言って,もう何ヶ月,いや何年になるんだろう。

「だいたい,やらなきゃいけないときにやらなきゃいけないことが出来ない人間なんてロクなもんじゃないんだよ」と,中学生の頃,今は亡き親戚のおっちゃんに説教されたことを思い出す。そのときは,「要するに学生は勉強と運動が本分なのだから,つべこべ言わずに邁進するべし」的なお話として伺っておりましたが,その言葉を今になって噛み締めることになろうとは。

そんな中…。

昨日は,都内某所にて秘密の会合があり,それを参加してまいりました。

いや,何てことはない,例の友人結婚記念パーティーバンドの中で,とある曲をやる人たちが集まっての個別練習だったのですが。アタシはその曲には参加しないので,まぁ単なる見学者。

2時間,お遊びも交えつつ,やるべきこともしっかりやりつつで,なかなか良い時間だったように思います。その場で出たアイデアを試したり,細かいところを繰り返し練習したり,進み方がけっこうバンドっぽくて面白かった。

みなさんそれぞれキャリアもあるし,友人同士でそれなりに気心も知れてるんでしょうが,もともとはパーティーのために寄せ集まったわけで,ちょっとフレッシュな感じもあり。それが,練習の後半にはバンドの持つケミストリーが生まれる予感,くらいのところまでは来てるような気がした。このメンツでなんかやればいいのに。と無責任に言っておこう。

なんかね,やっぱりね,バンドはいいよね。

ってことよ。

タイトルや本文に「ケミストリー」って書くと,きっとこの人たちを求めて検索エンジン経由とかでここにやってこられる方もいらっしゃると思います。

残念ながらご期待には添えないと思いますが,怒ったりガッカリしたりしないで,まぁ,ここに来たのも何かの縁ってことで,大きな気持ちで接していただけると幸いです。

2005-05-09

#352 セッティングはタノシムズカシ

今月末,友達結婚記念パーティーで演奏することは以前にもチラリと書きましたが,その際の機材について書いてみようかと。

はい,エフェクターの話です。

今回の私にはガッツリしたソロとクリーンなカッティングが求められておりまして,とは言え,ちゃんとしたライブで何曲もやるわけではないので,エフェクターはできるだけシンプルにしたい。ということで,前回の練習には愛用のBOSSのBE-5とボリュームペダルだけを持ち込みました。これならコンプ~OD~ディレイ~コーラスが並んでる状態なので,いわゆる基本は押さえた形になるかという読みですね。

ところが。

コイツに内蔵の歪み,BOSSの単体で言うところのBOSS OS-2OS-2相当なんですが,これがねぇ,ぜんぜんガッツリじゃない。線が細いし抜けてこないしで,とっても不満。ギターがカジノだったので,あんまりゲイン上げるとハウってしまうという要素はあったものの,それにしてもこれはないんじゃないの?と。

これでは太くて腰のあるリードトーンは望むべくもないということで,BE-5のみのセッティングはあえなく惨敗。ちょっと重くなるけどやっぱりガバナーを持っていこうかと思っております。

OS-2の名誉回復のために申し添えておくと,ガバナーの歪みをメインにしたときにブースターとしてレベルフル,ゲイン7時半くらいでかますと,これは大変すばらしく,太いロングサスティーンが得られます。ODとDSのミックスはお好みで。私は9時~10時くらいのOD寄りにすることが多いです。

本当はこのセッティングが一番好きなんです。ただ自分のバンドでやる時はちょっと事情が変わってくる。ワウ載せなきゃいけないし,そうするといきなりボードが巨大化しちゃうしね。

だから苦手なマルチを何度も導入しようとしてZOOM GFX-1/PGFX-1を買ってみたりしてみてるんやけど,やっぱりね,使い易さから言うと圧倒的にアナログのほうが良いんだよねぇ。

ということで,実はまたいろいろと悩んでおります。

いくつかある手持ちの選択肢の中から,自分にとって最高のセッティングを紡ぎだしたいなと。具体的には,メインの歪みをガバナーにして,それにコンプやらを絡ませつつ,GFX-1は空間とワウ専用にして…。みたいなことを,音とスペースと重量と操作性のバランスを取りつつ試行錯誤してみようかと。

あぁ,こういうの,スタジオに篭ってああじゃこうじゃしたい…。

ちなみにギターはカジノで行こうか,YAMAHAのSG-RRで行こうか,迷っております。

SG-RRはメンテに出してて,もうできてるんだけど取りに行ってない。こないだスタジオに行く前に楽器屋に寄ってSG-RRを引き取って,替わりにカジノをメンテに出そうと思ってたら,なんと楽器屋が休みだったという…。

#351 連休も終わり

一部では10連休などという人もいらっしゃったようですが,何はともあれ今年のゴールデンウィークは昨日をもって終了いたしました。

アタシのほうはと言えば,休日出勤の恐怖を感じつつも結局はカレンダーどおりの出勤。きっちり休んじゃいました。ちょーっとだけウチで仕事しましたけどね。

というか,ホントは出なきゃいけなかったんだろうなぁ。関係各位におかれましてはほとんど休んでない人もいるわわけで,もしここ読んでる人がいたら,ほんっとに申し訳ないことです。m(__)m

でもねぇ,なんだろう,こういう飛び石連休というのは微妙に休んだ気がしないのだな。いや,仕事してた人にはゴメンナサイなんですけどね。何をやったわけでもないし。時間の使い方が下手なのかねぇ。

で,今日から社会復帰なわけですが,これから1週間,いやホントは5日間ですが,続けて出社しなきゃいけないと思うと,これがもう気が遠くなるほど長いな。

連休の間休んでたのですから,やらなあかんことが何ら解決しているわけもなく,気持ちを入れ替えて引き締めて新たな気持ちで立ち向かっていかねばならぬ立場なんですが,いかんせんモチベーションは上がらない。

何なんだろうね,オレのモチベーションって。

まぁ,コツコツと地道にやっていくしかなかろうて。ヒトよりラクしてんだから,それぐらいやれよってことですか。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »