2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #340 タロット初体験 | トップページ | #342 変えよかな? »

2005-03-16

#341 新選組全史

中村彰彦"新選組全史幕末・京都編戊辰・箱館編"読了。

燃えよ剣」に続いて新選組関係。こちらは膨大な資料を読み込み丹念に取材したドキュメント風。文中にも数多くの資料が引用されていて,ややお勉強風味ではある。

幕末・京都編は一気に読んでしまえたんですが,どうも鳥羽伏見の戦い以降くらいから読むペースが落ちてしまった。

まぁね,読み手であるオレの事情もあるんですが,原典の引用を読むのがちょっとシンドクなってしまったのね。近藤が投降してから五稜郭が落ちるまでが,かなーり時間がかかった。このあたりは興味が薄いのかね>オレ。

ひとまず幕末モノはこれで一旦休憩しようかなと。みんちやんには,なんだかんだあっても子母沢寛の三部作を読むように言われているのですが,ゴメン,ちょっと一服。

先日,大河のDVD(新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX)が届いたので,次はこっちをボチボチ見ていこうかなと思っております。

« #340 タロット初体験 | トップページ | #342 変えよかな? »

コメント

そうそう、この本こそ私がイチバンのお勧めな新選組本であるよ。昔JOSHさんにもお勧めしたです。
子母沢寛三部作は確かにお約束だけど、今となっては昔の常識レベルです。太閤記みたいなモンか。
で、読んで新選組への印象はどうだったのよ?

太閤記っていう喩えがよく分からんけど…(笑)。

新選組の印象といえば,予備知識がない段階では「日本の夜明けを阻む幕府のイヌ」,あるいは「今宵の虎徹は血に飢えている」的な極右テロリスト集団。
「新選組!」や「燃えよ剣」でそういう印象派ずいぶん修正されたけど,逆に振れてる(美化しすぎ?)な感もあり。

その点,中村の本はとにかくニュートラルであろうとする意志を感じた(実際にニュートラルかどうかは微妙な点もあるが)ので,なんとなくバランスは取れたかなと思っております。

総じて「幕末は,立場が違えばそれぞれの正義がある」,「勝てば官軍」の感を強くしておるよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/3315198

この記事へのトラックバック一覧です: #341 新選組全史:

« #340 タロット初体験 | トップページ | #342 変えよかな? »