2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005-01-31

#332 きっと,よくなる!

本田健 "きっと,よくなる!"読了。

この人の本は以前1冊読んだことがあって,まぁ,当BLOG横の推薦図書欄にも掲げてあるんですが。

今回のは,なんちゅうか,優しいね。未来への希望を優しく説くという感じ。「オッケーやで~」みたいな。って,わからんか。

甘いと思うけど,その甘さに癒される感じは捨てがたい。いや,癒されるだけでもなくて,少しでも希望が感じられるというか。うつむいてた自分が,少しだけあごを上げて前を見られるようになるみたいな感じがあって,これはこれでありがたいもんだ。

最近よく思うのだが,こういう本って「そんなことあるかいっ!」ってとこから入っちゃうと,もう全編「うそつけー!」ってことになってしまって,読むだけ時間の無駄になってしまう。

「それは違うやろ!」って言いたくなる自分を微妙に抑えながら,自分の中に落ちていくというか,染み込んでいくような言葉を見つけていこうとしながら読んでいくのがいい。良いところを探そう,みたいなね。人付き合いと同じかも。

なんかさ,人生ってツライことも多いやん? そう肩肘ばっかり張って生きていかれへんし。それでもなんとかポジティブでいたいし。

ってなときに手にとっては,「あー,そうだよなぁ」とか思いつつ,少しだけ自分のことを省みるみたいな,そんな感じで付き合うのに使える。

個人的にはわりと好きです。

2005-01-20

#331 夢みるちから

"夢みるちから-スーパー歌舞伎という未来"読了。

三代目市川猿之助劇団扉座代表でスーパー歌舞伎"新・三国志"の脚本を書いた横内謙介の対談集。

あんまり長期間に渡って少しずつ読んでしまったので,最初の方はもはや記憶が薄くなっているのですが,猿之助さんの歌舞伎に対する凄まじいまでの情熱がビシバシ伝わってきます。芝居はエンターテインメントであるということを常に意識している姿勢にも共感。

横内氏の猿之助礼賛というか,心酔振りがやや鼻につく感じもありますが,なかなか読み応えあり。趣味とは言え一応音楽やったりしてる身にとっても"刺さる話"が多かったような。

後半は横内氏が書いた”新・三国志"の脚本も収録。と言うか,もともとはこっちがメインで巻末に対談を入れるつもりだったらしいけど。

脚本だけだとちょっと物足りない気がしたけど,これが歌舞伎という表現になると大スペクタクルになるんでしょうか。って言うか,だいたい歌舞伎なんか見たことないですからね。少なくとも猿之助スーパー歌舞伎は一回見てみたいと思わせられた。

2005-01-19

#330 マサムネ&リック

こないだザッピングしながらテレビ見てたら,スピッツのインタビューやってました。

「あぁ,新譜出たもんな」と思いつつナニゲに見てたんですけど,マサムネってかっこいいなぁとフト思い。

自信に溢れてるというか風格漂う感じで,それでいて押しつけがましくも暑苦しくもない。

「代表曲1曲,例えば『ロビンソン』を一生歌っていければいいんですよ,僕は。でも,ついクセで新曲書いちゃうんですよね。『降りてきちゃう』感じなんで」

ってなことを,カッコつけるでもなく斜に構えるでもなくサラッと言ってる姿がなんとも言えずカッコイイ。他のメンバーも横でフツーに座ってんねんけど,めっちゃ「バンド」っちゅうか「ロック」って感じがしたんだな。

「ロック」って何よ?ってのは言葉に出来ないんですが。ま,雰囲気ね,雰囲気。

スピ好きの友達たちに言わせれば「何を今さら」って感じなんでしょうけど。

ちょっと興味アップで何か買おうかなと。例えば"ジャンボリー・デラックス"ってのは買いなの?

先日,とある必要性からこんなものを購入して聴いております。

"あの頃"感満載でちょっと聴く分には楽しかったりもするのですが,この手の曲って妙な中毒性があって,1曲目のリック・アストリーの「モコッ」とした声が脳内ヘビーローテーションしております。しかもサビだけ。

ある意味思うツボ。

2005-01-11

#329 志半ばにして…

前にも書きましたが,先日2005年1月6日をもちまして生誕14.,670日を数え,ジョン越えを果たしました。

どんな感慨があるのだろうかと思っていましたが,実は当日夕方までその事実をすっかり失念しておりました。おいおい,その程度かい。

ところがその事実に気付いた瞬間,なんとも言えない気分に襲われたのでございます。

気付いたのが夕方だったのですが,そのとき一瞬にして頭の中を埋め尽くしたのは「今夜,死ぬ」ということでした。

今夜突然自分が誰かに撃たれて死んだとしたら…。そう考えたとき,脂汗が出ました。

何て言うか,めちゃくちゃ「途中」なんです。今夜死ぬなんてとんでもない。まだまだやりたいこと,やらなあかんこと一杯あるわけです。

もちろんジョンの14,670日とワタシの14,670日が同じな訳はありません。それを単純に比べるのはおこがましいにも程があるでしょう。

ただ,ひょっとすると死ぬ瞬間,ジョンも同じような途中感覚や,にも関わらず死んでいく悔しさを感じたんじゃないかな,と思ったんです。わかんないけどね。と同時に,「こんな風に人の一生を終わらせちゃいけない」と強く感じました。

なんかね,今までジョンのこと考えたり,追悼だなんだ言ってきたけど,今までで一番リアルにジョンの死の重みを感じたような気がします。

って,今まで24年間,何を感じてたんだって感じですが,まぁ,この歳になって初めてわかるってこともあるやん。

今日はマイ・アイドル,ふかっちゃんの誕生日。32歳だそうで。おめでとう。

最近ちょっと痩せすぎやで。年末に再放送してた「踊る大捜査線」テレビシリーズを見て,改めてそう思う。

ってなことを,並べて書くのがバンマス日記風。

2005-01-06

#328 気分転換

ということで,blogのデザインを変えてみました。

ちょっとあざとい感じがしないでもないですが,前とはイメージがずいぶん違うので気分は変わるなと。

凝ったことをやってるわけじゃなくレディメイドの中から選んでるだけなので,そもそも選択の幅はそんなに広くは無いんですが。その分,部屋の模様替えよりは簡単にできるので,まぁ,時にはこんな感じも良いかと思っております。

すぐに飽きて変える可能性も高し。

と同時に,リンク先なんかも微妙に入れ替え。最近見てないとこをカットしたり,友達のblogを加えたり。

あ,ココ読んでるお友達の皆さん,勝手にリンクしちゃってます。もし「おいおい,何しとんねん!」とか思われたらすいません。速やかに削除しますのでご一報下さい。

と,ちょっと連絡風。

2005-01-05

#327 新年会にふと思う

昨日は仕事始めってことで,会社の人たちと軽く新年会。

なんかねー,もうエエやんって感じ。こういう飲みはホンットに辛い。会社のヒトと喋ることないねんもん。休みの間どうしてた?とかさ。そんなん興味ないし,オレがどうしてたかなんて話しても面白くないでしょ?

っていうか,こういうことにウンザリしてると,コミュニケーションが上手く図れないヤツとレッテルを貼られるわけだ。「そこで黙々と呑んでる人」とか言われたし。

あぁ,そうさ。オレはコミュニケーション不全野郎だよ!って何故かキレてみたりして。

そうこうするうちに,全員が今年の抱負を発表しあうことに。

抱負ねぇ…。

全然何も思いつかなかったので,とりあえず「今年は将来に向けて,やりたいことで金を稼げる種まきをします」などと言ってしまう。冗談めかして言ったつもりだったんだが,微妙に引かれてしまった。あまりにも何も考えてなかったか…。

年始ということもあってか,いろんなところで今年の目標を宣言する場面を見聞きすることが多い。成功法則的にも,夢を実現するためにはまず宣言することが大事みたいな話もよくあるし。これはこれで納得できる。人間,自分が思い描いたこと以上のものにはなれないとかさ。

オレも「こうなったらいいなぁ」って思うこともなくはない。

けど,さて今年はどうするよ?ってところで何も思いつけなかった,語れなかったってことは,実は何も考えてなかったってことであって,こうなったらいいなぁってのはただボンヤリしたイメージであって,そんなものが実現に向けてドライブがかかるなんてことはなくて,それはつまりこのまま何事も無く1年が過ぎていくってことだ。

それはそれである意味幸せなことだが,それでいいのか? なりたい自分とかやりたいこととか,ホントは何一つ考えてないやん。

あぁ,オレよ。お前は一体どこに行きたいんだ? そしてそのために何をするつもりなんだ?

Think about it, do something about it.

2005-01-04

#326 姓名判断

お友達のみなさんがやっておられるので,アタシも参戦。

-----

天格 : 22
大凶:二面性があり迷いやすい人です。願望や目標を一点に集中させる努力を。

な:『これ,前に書いたエントリーでも似たようなことを言われたような…』

地格 : 14
大凶:意志は弱いのですが、プライドは人一倍高い数です。心の底から信頼できる人を探して心の安定をはかること。
[幼年期・青年期の運勢]
意志薄弱で頼りない運勢です。自分よりも他人を観察して、運に波を与える努力を。
[内面的な性格]
迷いやすく、そのくせプライドが高いので、素直に感情を出せないかも。信頼できる人を探して。
[健康運]
あまり恵まれていません。元々体自体が弱く、すぐに無理をしがちです。小さな風邪でもすぐ治す事。
[家庭運]
もしかすると、両親の愛情を感じる事ができなかったかも。元々血のつながりより友人などの運の方がいいので。
[恋愛運]
元々人を信じるという事が不得手なタイプなので、軽い人とは会いません。長く付き合って落ち着く人を選んで吉。
[セックス運]
迷いやすいという性質から、波乱含みの運勢になりがちなのは確かですが、男女共に一人の人に落ち着く事で、充実していく運勢です。

な:『そない「迷いやすい」ばっかり言わんでも…。確かにプライドは高いです』

人格 : 15
大吉:人望厚く、行動力もあり、大事業を達成でき、愛情にも恵まれた大吉数。
[青年・壮年期の運勢]
波に乗って発展していく運勢でしょう。ただし、ノリすぎて周囲を忘れると足元をすくわれますよ。
[外面的な性格]
世話好きで明るさが有り賑やかな人です。頼れるタイプですが頼りすぎには弱いかも。
[金運]
あります。自分でコントロールする力もあるので、お金に困るという事は滅多と無い人かも。
[成功運]
我欲にとらわれる事なく、公明正大にいけば上手くいく運勢です。
[仕事運]
楽しんでできる仕事につくこと。自分の人格を認めてもらえる仕事ならより吉。運はいいです。
[結婚運]
楽しさだけを考えて相手を選ぶと、少し後悔するかも。貴方の暴走をしっかりひきとめてくれる人を選んで。

な:『はぁ,なかなか良いことをおっしゃっておりますなぁ』

外格 : 21
吉凶:大物、豪傑で人望あり、人の上に立つ統領運を持っているが、女性には強すぎる吉凶運
[対人関係・社交性]
自分から積極的に動きますし友人も多い方です。幅広い交友関係を築きます。
[社会運]
恵まれていますが、実力以上の事を望まれた時にどう対応するかが鍵となるでしょう。状況を冷静に判断する力を。
[環境運]
華やかな場所にひかれますし、事実合っています。ただし、そこに自分の不得手な人がいるとストレスが倍増します。

な:『これはどうかなぁ…。友達少ないし。不得手な人がいるとストレスは3倍増です』

総格 : 36
大凶:無鉄砲な性格で、困難・波乱・災難に見回れやすく、苦労を背負いこみやすい暗示。
[一生の全体運]
落ち着きがなく、常に周囲の目を気にします。自分にもっと自信を持ち、嘘や欺瞞を見破る目を持つ事。正義感をはき違える事なく、時には厳しさを持つ事。せっかくの思いやりあふれる性質をもっと伸ばして。
[晩年の運勢]
晩年は、若い年にどれだけ物事を見極める目を持つかで変化します。節度ある行動をしてきた人には実りが、周囲に流されてきた人には不安が。厳しさをもっと自分に向けて。

な:『なんや,いきなりアカンやん。でも,なんか痛いところを突かれた感ありあり』

-----

なんかなぁ,新年早々へこむで,しかし。

2005-01-01

#325 謹んで初春のお慶びを申し上げます

年の瀬やなーと思てたら,2004年を振り返る間もなく年が明けてしまいました。しもた。

去年は前厄やったんで年初に厄除け祈願をしたのですが,とりあえず大きな病気もせず無事に生きてるので,まぁ,効果があったんでしょうかね。

今年は本厄なんで,また厄除け行っとかなあきませんな。とりあえず健康で,笑って日々を送れれば良いんですが。

それと去年はKFAでライブが出来なかったので,今年はやりたいなぁ。

っちゅうか,やりたいことをやる,あるいはやりたいことをやることにつながる1年であればね。我慢も必要かもしれませんが,できるだけ未来につながるように,みたいな。

と,年初っぽく希望を述べてみました。

今年も,と言うより,今年はよろしく。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »