2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #325 謹んで初春のお慶びを申し上げます | トップページ | #327 新年会にふと思う »

2005-01-04

#326 姓名判断

お友達のみなさんがやっておられるので,アタシも参戦。

-----

天格 : 22
大凶:二面性があり迷いやすい人です。願望や目標を一点に集中させる努力を。

な:『これ,前に書いたエントリーでも似たようなことを言われたような…』

地格 : 14
大凶:意志は弱いのですが、プライドは人一倍高い数です。心の底から信頼できる人を探して心の安定をはかること。
[幼年期・青年期の運勢]
意志薄弱で頼りない運勢です。自分よりも他人を観察して、運に波を与える努力を。
[内面的な性格]
迷いやすく、そのくせプライドが高いので、素直に感情を出せないかも。信頼できる人を探して。
[健康運]
あまり恵まれていません。元々体自体が弱く、すぐに無理をしがちです。小さな風邪でもすぐ治す事。
[家庭運]
もしかすると、両親の愛情を感じる事ができなかったかも。元々血のつながりより友人などの運の方がいいので。
[恋愛運]
元々人を信じるという事が不得手なタイプなので、軽い人とは会いません。長く付き合って落ち着く人を選んで吉。
[セックス運]
迷いやすいという性質から、波乱含みの運勢になりがちなのは確かですが、男女共に一人の人に落ち着く事で、充実していく運勢です。

な:『そない「迷いやすい」ばっかり言わんでも…。確かにプライドは高いです』

人格 : 15
大吉:人望厚く、行動力もあり、大事業を達成でき、愛情にも恵まれた大吉数。
[青年・壮年期の運勢]
波に乗って発展していく運勢でしょう。ただし、ノリすぎて周囲を忘れると足元をすくわれますよ。
[外面的な性格]
世話好きで明るさが有り賑やかな人です。頼れるタイプですが頼りすぎには弱いかも。
[金運]
あります。自分でコントロールする力もあるので、お金に困るという事は滅多と無い人かも。
[成功運]
我欲にとらわれる事なく、公明正大にいけば上手くいく運勢です。
[仕事運]
楽しんでできる仕事につくこと。自分の人格を認めてもらえる仕事ならより吉。運はいいです。
[結婚運]
楽しさだけを考えて相手を選ぶと、少し後悔するかも。貴方の暴走をしっかりひきとめてくれる人を選んで。

な:『はぁ,なかなか良いことをおっしゃっておりますなぁ』

外格 : 21
吉凶:大物、豪傑で人望あり、人の上に立つ統領運を持っているが、女性には強すぎる吉凶運
[対人関係・社交性]
自分から積極的に動きますし友人も多い方です。幅広い交友関係を築きます。
[社会運]
恵まれていますが、実力以上の事を望まれた時にどう対応するかが鍵となるでしょう。状況を冷静に判断する力を。
[環境運]
華やかな場所にひかれますし、事実合っています。ただし、そこに自分の不得手な人がいるとストレスが倍増します。

な:『これはどうかなぁ…。友達少ないし。不得手な人がいるとストレスは3倍増です』

総格 : 36
大凶:無鉄砲な性格で、困難・波乱・災難に見回れやすく、苦労を背負いこみやすい暗示。
[一生の全体運]
落ち着きがなく、常に周囲の目を気にします。自分にもっと自信を持ち、嘘や欺瞞を見破る目を持つ事。正義感をはき違える事なく、時には厳しさを持つ事。せっかくの思いやりあふれる性質をもっと伸ばして。
[晩年の運勢]
晩年は、若い年にどれだけ物事を見極める目を持つかで変化します。節度ある行動をしてきた人には実りが、周囲に流されてきた人には不安が。厳しさをもっと自分に向けて。

な:『なんや,いきなりアカンやん。でも,なんか痛いところを突かれた感ありあり』

-----

なんかなぁ,新年早々へこむで,しかし。

« #325 謹んで初春のお慶びを申し上げます | トップページ | #327 新年会にふと思う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/2463532

この記事へのトラックバック一覧です: #326 姓名判断:

» こんなんでましたけど。 [Another Day]
姓名判断してみました。よりTB。 rabbit3xxxさんのところで見かけた姓名判断をやってみました。 そこそこ当たってる…ような? どうでしょう?>友... [続きを読む]

« #325 謹んで初春のお慶びを申し上げます | トップページ | #327 新年会にふと思う »