2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004-08-30

#296 あれやこれや妄想は楽し

この週末は,我が家をちょっとは片付けようかと,収納用品を通販カタログで物色。とっとと買わなきゃ片付かないんですが,カタログ好きの血が騒いでしまい,あれこれ並べて見て楽しんだ挙句,結局まだ注文してないと。

サイズとか値段とかさ,いろいろあるやん。「これはちょっと幅が大きいな」とか,「これはライトブラウンとブラウンはどっちがええやろか」とか,「これやとあそこがデッドスペースになってまうわ」とか,「これとこれはなんでこんなに値段がちがうねん? あ,こっちは天然木使用か…」とかなんとか。

うーん,悩ましい。けど,けっこう楽しい。

しかし。

それはアカンと。何事も結果を出してナンボやからね。プロは。(>何のプロやねん…)

あわせて,手持ちのエフェクターを整理しようと,オークションで幾つか売却してしまいました。

結局使いこなせなかったマルチ,音はすごく気に入ってたんやけどこれも上手く設定できなかったプリアンプ,以前に先輩からもらったものの今まで放置していた揺らし系が売れました。全部で2万ちょっと。まぁ,こんなもんですかね。

あとはパワーサプライを出品中。これはそうとうボロなので果たしていくらつくんでしょうかね。

今回マルチを手放したので,愛用のBOSS BE-5マーシャル ガバナー(イギリス版)を組み合わせたセッティングにしようかと思っております。って結局ここに戻ってくるんかい。いや,ちょっと変えようとは思ってるんですが。

ま,ライブもしばらくは予定がないので,当面はお披露目することもないんですけどね。

こういうことを考えてるのは,実に楽しい。

#295 (いまさらながら)ビバ!ブロードバンド!!

と,声高に言うことでもないのだが。いまさらねぇ。とは言え,せっかくだから。

ずっとISDNだった我が家がやっとADSLになりました。なんで今まで放置してたのかは聞かないでくだされ。(要するに怠慢)

金曜日にADSLモデムが届いたんで,深夜から設定にとりかかる。無線LANも頼んじゃったのでLANカードのインストールから。

マニュアルがわかりやすいね。って言うか,バカにしてるんじゃないか?ってくらい丁寧。ま,これくらい書いといてくれた方が確実やけど。

と,言いながら,WEPコードの設定で少々つまづいた。

無線LANカードのユーティリティには入力するところが4つもある。1つしか設定してないので1番目のところにだけ入力,他はブランクにして作業を進めたら,これがつながらない。そんときは当然原因もわからず。どうやらWEP設定の後に急におかしくなったと思ったので,これが臭いと睨みつつ,マニュアル読みなおして何度か最初からやり直してみたけどダメ。

ものは試しとブランクにしてた欄にダミーのWEPコードを入れてみたら,あらま,これが難なく成功。全部入れろなんてどこにも書いてないやんけ!とつぶやいてみた。夜中だから。

ウチはNTTの局からけっこう遠いので速さはあまり期待できなかったんですが,そこはそれ,ISDNに比べればさすがに雲泥の差。画像たくさんのサイトでもページの展開が早い。いや,ええわ。なんでもっと早く切り替えなかったのか。いや,だからそれは怠慢ということで…。

その後は,セットになってたのでついでに申し込んだIP電話の設定。

これは簡単であった。が,IP電話用の番号が勝手に割り振られるのね,知らなかった。というように,実はこの辺,あんまり仕組みがよくわかってないんですが,日常生活上何か変わるんですか? って,何今頃聞いてんの?って感じの疑問なの?(^^ゞ と,久しぶりに顔文字など使ってみました。

2004-08-27

#294 自分でやるって

タクシーに乗ったんですよ。MKタクシー

MKってさ,運賃値下げだとかで運輸省(当時)とケンカしたとかさ,なんちゅうか古い業界体質を変える改革の旗手みたいなイメージが強いと思うんですけど。そうでもない?

で。このMKタクシーがね,自動ドアじゃないんですよ。

今どきのタクシーってみんな自動やん。それはお客さんに失礼とかいうことで,止めるとわざわざ運転手が走って降りてきてドアを開けてくれて,「さぁ,どうぞ」とかやるわけです。コンシェルジェ気分って言うんですか?

でもね。

ウザイねん。

自動でも別に失礼やとは思わんし,わざわざ慌てて降りてこんでも自分でドアぐらい開けるっちゅうねん。それよりさっさと出してくれ。こっちは急いでるからタクシー乗っとんねん。

確かに言葉は丁寧やし,対応はソフトやしで,他のレベルの低い運転手とは違うと思わせるけど,そういうなんちゅうのかね,接客態度も大事やねんけど道のことよく知ってるとかさ,プロって言うか職人って言うかね。そういう人のクルマに乗ると気分いいよね。ドアを開けてくれたって,道知らんとモタモタしてたら意味ないやん。

ま,態度悪い,道知らん,運転乱暴という運転手がまだまだたーくさんいるのがタクシー業界なんで,そんな中では頑張ってるんでしょうが。

#293 できるやんか

中井政嗣 "できるやんか!-「人間って欠けているから伸びるんや」"読了。

と言っても,ずいぶん前に読んだんですけど。

っつうか,おもろなかったんで,そのまま放置してたんですけど。(笑)

著者は大阪の有名なお好み焼き屋"千房"の創業社長。小学校だか中学校だかを卒業後,大阪の商家に丁稚奉公に入り,そこから今の地位まで駆け上がった人物。

って,この時点でちょっと引いてしまう。

人の嫌がるようなことを率先してやるとかさ,ひたすらお客さんのことを考えてとかさ,誠実にやってたら金策が苦しいときに誰々さんが助けてくれたとかさ,成績が悪かった店長になんやしてやったら意気に感じて次の月にトップになったとかさ,それを涙で店員に報告してみんなで感動してどうのとかさ…。

こういうエピソードが延々と続くわけです。

こっちの心がすさんでしまっているのか,読みながら「そうかー?」,「だから何やねん」を連発してしまった。なんかね,ベタベタやねん。ウェットやねん。

情に厚いとか,義理を欠かないとか,他人の身になってとか,親や先祖を大事にせよとか,エエ人なんやろうなとは思うし,そういう要素が今のビジネス界では珍しくてというか必要とされてて,だからこそある意味成功したんでしょうし,いろんな人がこの本を読んで元気が出たとか言うんでしょうし。

でも,オレにとってはこういうベタベタ加減は決して心地よくないし,元気も出ない。辟易としてしまう。

成り上がり者がサクセスストーリーを自ら語るってのは難しいね。ライターに取材させて書いてもらうほうがいいんじゃないのかねぇ。それか対談。

視点がひとつしかないのがつまらないのかな? っちゅうか,オレが好きじゃないのかも。

2004-08-17

#292 I’m Down

またまた久しぶりの更新となってしまいました。

いやー,あきまへんわー。

先週1週間は夏休みやったんで,通常であれば英気を養うって言うんですか,そういう感じで行くんでしょうが,いやー,あきまへんわー,ほんまに。

気力ダウン,体力ダウン,知力ダウンの三重苦。

仕事復帰も気合いが乗らず,意欲全くナシ。一方でやらなあかんことは厳然とあるので「あぁ,やらなあかんねんけどなぁ…」とは思うんですが,いや,実はそれほど思ってなくて「もう,いやぁ」って感じなわけで当然手は動かず。このままだとどんどんお尻が燃え上がっていくぞー。

ジョナサンは言う。

「今週、あなたの状況を劇的に変えることが可能です。決定的な発言をすることで…断固とした行動におよぶことで、線路のポイントを切り替え、「人生」という名のあなたの列車を別の線路に移動させることが可能です。もうじき、ポイントを切り替えたいという、いてもたってもいられない衝動に襲われるでしょう。行動を起こす前に、心を落ち着かせて考えたほうがいいでしょうか…?」

「そうですね、少し時間をとって、自分の状況について検討することは、決して害にならないはずです。でも現時点においては、情熱に任せて行動するのが得策といえるでしょう。ひょっとしたら、あなたは今、何かに腹を立てているかもしれません。でも、そのできごとが起こった裏には、ちゃんとした理由があったのです。思いやりと寛容の精神を忘れず、賢い行動を心がけてください。でも、おじけづいて二の足を踏むことは禁物ですよ」

マ,マジっすか? なんか勝負したい,なーんて思わせられてしまうじゃないですか。とは言え,オレに思いつく「勝負」なんて,たかが知れてるけどね。

って,占いに感情移入してる時点で,ある意味終わってるし。

ガンバレ,オレ。アテネのアスリートたちも頑張ってるんやし。

目の前に壁がそびえたっているなら,登るか壊すか,いずれにしても前進するしかないじゃないか。

とか何とか,こんなところに書ける程度のしんどさなので,まぁ,こんなもんなんでしょう。

2004-08-05

#291 BABAOUO・5回目どころか…

えらい長いことご無沙汰してしまいました。ホンマやで。2週間以上経ってるっちゅうんねん。しかも月も変ってるっちゅうねん。どないなっとんねん,いったい…。

その間にあった,BABAOUOの練習5回目は…って,もう本番も終わっとるっちゅうの。何をもたもたしてんのかなぁ,こんなんBLOGの醍醐味あらへんがな。まったく,もう。

えー,去る7月25日に行われました"ぷりぱろーどライブ Around The Pretty Parrots"にご来場いただいた皆さん,今ごろになって大変恐縮ですが,誠にありがとうございました。

私が所属するバンドBABAOUOも,とりあえずはつつがなく演奏することができました。一部のお客さまには身に余る高い評価をいただいている様子もあり,なんとも申し訳ございません。

練習の進み具合についてはこれまでも微妙に報告してきましたが,最後の練習でもまだ細部の詰めをやるという状況,個人的にはその練習が終わった後,自宅でギターのフィルをコピーするという何とも舐めてるとしか言いようのない体たらくで,本当にどうなることかとマジでマジで思っていたのですが,何とかみなさんにご披露することが出来ました。心からほっとしていると同時に,これもひとえにバンドメンバー,お客さんのおかげだと,ココロより感謝しております。

共演したほかのバンドも個性的だしサウンドにまとまりがあるしで,非常にレベルの高いライブイベントだったのではないかと思います。お客さんの満足度もそれに伴い。

出演バンド(登場順)
1.B-One
2.BABAOUO
3.tomomi&nami
4.The Pretty Parrots
5.Yesterday & Today

それにしても。

MCでぷりぱろ結成5周年おめでとうと言わんかったのはアタシんちだけだったと,あとでみんちやんに指摘される。その記念のライブやったのにね。

すまん,ぷりぱろのみんな。ここで言っとくよ。おめでとさん。

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »