2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« #266 連休の最後に | トップページ | #268 ギター欲しい病再発! »

2004-05-08

#267 あーあーあー,やだやだ。

ついていけないっちゅうか。追いつけないっちゅうか。

もともと切れるタイプっていうわけではないだけに,粘りと踏ん張りだけではねぇ。

まぁね,そもそも根底には「どうでもいい」っていう感覚があってしまうこと自体が問題なのかもしれんが。興味ないっていうかさ,よろしく頼むわっていう。

でもまぁ,そんなことは大きな声では言えないわけでね,実際は。

狭いなりに守備範囲ぐらいは守ろうみたいな気持ちだけはあるわけよ。だけど,それって胸張って言えることか?ってところもあってさ,なんかこう,それなりにファイティングポーズとっちゃうわけさ。

ムリに大きいサイズの服着てるみたいな。

あーもー。こうして愚痴ってる自分がまた…。

ちなみにタイトルはこのアルバムに入ってる「表参道」って曲の一節。

別に関係ないけど。

そんなささくれたアタシの心をときめかせたのは,うちの書棚で見かけて久しぶりに手にとったこの本でした。

やっぱりねー。好きなのねー。いいよねー,ギターって。

いっそ楽器屋にでもなるか…(短絡的)。

っつうか,現実逃避。

いま,NHKでやってるBEGINYAIRIのドキュメンタリー,いいなぁ…。
(番組で紹介された楽器「一五一会(いちごいちえ)」と「音来(にらい)」についてはこちらをどうぞ)

« #266 連休の最後に | トップページ | #268 ギター欲しい病再発! »

コメント

BEGINの番組は、僕も偶然見ていました。
面白そうだったので、「恋しくて」が終わる頃合いを見計らってから(笑)ビデオで予約録画を開始しました。
で見たところ、残念ながら名古屋の楽屋訪問の時点で録画終了してしまっていました。んー、残念。
さっきサイトで新しい楽器は確認しました。材質は同じようですね。となると、どこをコストダウンしたんでしょう?

コメントありがとう。

番組を見ている限り,コストダウンは(一部合板使ったり,内木の構造をシンプルにしたりはあるみたいだけど)基本工程を外注したことで実現しているみたいね。YAIRIは完全国内生産,職人手作業が売りのメーカーだし。

で,この下請けが韓国や中国ではなく,折り詰めの箱を作る地元の会社ってのがミソのようで。

価格競争で中国に完敗,さてこれからどうするよ?という状況だった地元の工場に発注,若い息子に基本的な技術を教え込んで,仕上げはYAIRIでやることで最低限のクオリティを確保。で,ホントに細かいところの仕上がりには目をつぶってると。

矢入社長と職人のミーティングの様子もなかなかいい感じでした。

箱工場の息子が「今まで真っ直ぐのものしか作ってなかったから,ネックやボディの曲面の加工が難しい」っていうくだりが面白かった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25340/560769

この記事へのトラックバック一覧です: #267 あーあーあー,やだやだ。:

« #266 連休の最後に | トップページ | #268 ギター欲しい病再発! »